アヒルのおもちゃの作成 anchor.png

 このチュートリアルでは図のようなアヒルのおもちゃを作ってみます。

Finished.jpg

Page Top

画面の説明 anchor.png

 簡単な画面の説明です。

BlenderDefaultScreen.jpg

 このチュートリアルの大半は「3Dビューポート」と「ワークスペースタブ」、「プロパティエディター」で行います。

Page Top

簡単なUIの説明 anchor.png

 マウスボタンの役割と、ビューの操作方法です。

MouseAndNavigations.jpg

 これは今すぐ覚えなくてもかまいません。忘れたらここを見て思い出してください。

Page Top

マウスの役割 anchor.png

  • 左クリックで選択、決定
  • 右クリックでメニュー表示、キャンセル([Esc]キーでも可)
  • 中(ホイール)ドラッグでビュー回転、[Shift]+中(ホイール)ドラッグで平行移動、ホイール回転でズーム
Page Top

ビュー操作 anchor.png

 3Dビューポート右上の「ナビゲートギズモ」のドラッグでビューの操作ができます。

 準備ができたらはじめましょう。

Page Top

デフォルトのCubeの削除 anchor.png

 まず、起動後のデフォルト画面に表示されている Cube を削除してみましょう。

  1. 「Cube」の周りにオレンジの枠が表示され、選択中であることを確認し、そうでなければ「左クリック」で選択します。
  2. 「右クリックメニュー→削除」で削除します。

DeleteCube.jpg

Page Top

円柱の追加 anchor.png

 次に円柱を追加します。右上にある、「追加メニュー→メッシュ→円柱」を実行します。

AddMeshCylinder.jpg

 追加後、画面左下を見てください。下図のような「バー」が表示されています。これをクリックしましょう。

AdjustLastOperationPanel.jpg

 パネルが開きますので、下図のように「頂点」フィールドの左右の三角をクリックするか、左右にドラッグして「8」に変更します。

ModifyNumOfVerts.jpg

 これは「最後の操作を調整」(Adjust Last Operation)パネルといい、最後にした操作のパラメーターを調整して再実行できます。
 オブジェクト追加の場合は、ここで形状を調整できます。

 もし別の部分をクリックしてしまったりして消えた場合は、[Ctrl]+[Z]キーまたは上部の「編集メニュー→元の戻す」で戻し、やり直してみてください。

Page Top

Modeling ワークスペースへの変更 anchor.png

 次にこの原始的な形状(プリミティブ)を編集していきます。

 画面上方にあるタブの中から「Modeling」というタブを探し、クリックして切り替えてください。
 図のように、円柱にワイヤーフレームで「頂点」や「辺」が表示されているはずです。

SwitchToModelingWorkSpace.jpg

Page Top

円柱の変形 anchor.png

 まず、円柱を変形して丸もちのような形にし、これを胴体にします。

Page Top

ベベル変形 anchor.png

 左上の「選択ツールアイコン」で「面選択」モードにし、左側に並んでいる「ツールバー」から「ベベルツール」を選択します。

SelectFaceSelectAndBevelTool.jpg

 一番上の面を「左クリック」し、伸びている「ハンドル」を、図のようになるまで「ドラッグ」します。

SelectUpFaceAndBevel.jpg

 画面を回転し、下の方の面も同様にクリック後、ハンドルを下にドラッグします。

SelectDownFaceAndBevel.jpg

Page Top

スケールツールの使用 anchor.png

 次は円柱を平たくします。
 「選択メニュー→すべて」を実行し、ツールバーから「スケール」ツールを選択します。

SelectAllAndScaleTool.jpg

「青の立方体」をドラッグし、縦に平たくします。

ScaleZAxis.jpg

Page Top

モディファイアーの追加 anchor.png

 ここでもう少し雰囲気を出すため(?)左右対称の有機的なモデルを作るための「モディファイアー」を追加します。

 右側の「プロパティエディター」が、「モディファイアータブ」(スパナアイコン)になっているはずですので、一番上の「モディファイアーを追加」ボタンをクリックし、「ミラー」モディファイアーを追加します(下図(1)、(3))。

 さらにもう一度「モディファイアーを追加」ボタンをクリックし、その下の方にある「サブディビジョンサーフェス」モディファイアーを追加します(下図(2)、(4))。

AddModifiers.jpg

 図のように、パネルが二つ追加されているはずですので、白い囲みの部分が図の通りになるよう設定してください。

ModifiersSettings.jpg

 「サブディビジョンサーフェス」モディファイアーにより、モデルが丸みを帯びました。モデル周囲のワイヤーフレームで表示されているのが実際の形状です。
 なお「ミラー」モディファイアーにより、モデルの半分が削除され、左右対称になっていますが、現時点ではまだ実感できませんね。

ModifiedMesh.jpg

Page Top

頭部の押し出しとカット anchor.png

 ツールバーから「押し出し」ツールを選択し、一番上の面を選択します。

SelectExtrudeToolAndAFace.jpg

 先に「ベベル」ツールで行ったようにハンドルを上にドラッグし、図のように押し出します。これが頭部になります。

ExtrudeUpFace.jpg

 さらに口ばしを作成するため、面を「カット」します。
 ツールバーから「ループカット」ツールを選択し、頭部の縦の「辺」の付近にマウスカーソルを移動すると、下図左のように黄色の線が出てきます(出てこなかったら位置を変えてみてください)。
 この状態で下図右のあたりまで「左ドラッグ」してください。

LoopCutHead1.jpg

 そしてもう一度、同様に縦の「辺」の近くにマウスカーソルを移動し、同様の黄色の線が表示されたら、今度は「左クリック」してください。

LoopCutHead2.jpg

 最後に、縦にもカットを行います。横の「辺」の近くにマウスカーソルを移動し「左クリック」してください。

LoopCutVertical.jpg

 ここで一度「ファイルメニュー→名前を付けて保存」で保存しておきましょう。


アヒルのおもちゃの作成(その2)


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 20405, today: 47, yesterday: 57
Last-modified: 2021-07-09 (Fri) 07:42:06 (JST) (514d) by yamyam

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki