トップ  >  1. Blenderリリースノート翻訳  >  Blender機能別  >  Blender2.41 Blender Material
Blender Materials


Blender Material



マルチテクスチャ


マルチテクスチャが可能になり、3つまでの Texture が Material 毎に使用可能です。Texture は、Material Texture パネルからアクセスし、Image と Envmap が使用可能です。

それぞれは blending モードの Mix、Add、Subtract、Multiply、Screen でブレンド可能です。Texuture は一つ前の Texture もしくは Material カラーとブレンドされます。

以下がその動作です。
(訳注:原文では previous のユニットの添え字が current と同じですが、前述と矛盾してしまうため、n-1 にしています)
previous= texture ユニット(n-1) もしくは material カラー
current = texture ユニット(n)
Mix 	= interpolate(previous, current, color factor で補間)
Add 	= previous + current-0.5
Subtract= previous - current
Multiply= previous * current
Screen	= previous + current
画像に USEALPHA が設定されている場合:
previous= texture ユニット(n-1) もしくは material カラー
current.alpha = texture unit(n)

Mix 	= interpolate(previous, current, current.alpha で補間)
Add 	= previous + current.alpha-0.5
Subtract= previous - current.alpha
Multiply= previous * current.alpha
Screen	= previous + current.alpha

もし Image タイプが Envmap であれば、Load オプションで読み込まれた画像により、GL Cube map が生成されます。
使用例もいくつか含まれています。→Blender 2.41 Game Engine demos
  • 現在の Scene の鏡面反射マッピング(cube_map.blend)

  • 他の Object の位置からのテクスチャ位置生成による、テクスチャライティングエフェクト(dynamic_light.blend)


ミラーボール効果の作成方法(訳注:かなり加筆してます)
  • EnvMap Texture を Object に設定し、レンダラでレンダリング。

  • "Save EnvMap" でレンダリングされた画像を保存し、その画像を(EnvMap の)Load オプションで読み込む。

  • Material パネルの 'Map Input' の 'Refl' をセット。

  • 球面マップが設定した画像から自動生成されます。


他の Object からの キューブマップテクスチャ座標の生成方法
Material パネルの 'Map Input' 内で、'Object' オプションを使用し、コピー元の Object 名を指定します。そして適用される平面を指定します。(X、Y、Z、None)

'Map Input' パネルの 'Size'/'Offs' オプションにより、どんな画像でも、テクスチャ座標のスケーリングとオフセット移動を行うことができます。


マルチ Material


16までの Material を Mesh ごとに使用可能です。それぞれの Material は複数の Texture を持つことができます。また、Material に特有の(GLSL)シェーダを適用することもできます。

Material は Face ごとにEditButtons 内のリンクや Material パネルによって割り当てることができます。単に好きな Material を 'New' で追加し、Material 番号と Face を選択し、'Assign' を押すだけです。


Material アニメーション(Ipo)


Matrial Ipo を Game Engine で扱われる他の Ipo と同じ方法で使用できます。使用したい Ipo を設定し、Ipo Actuator とつないで使用します。

現在使用可能な Ipo:RGB、Alpha、All Color

Ipo は Material パネル上で[I]キーを押して設定します。現時点では、Ipo は Mesh に最初に設定された Material のみで、Mesh 全体に適用されます。


別の UV 座標


Separate UV coordinates
二つめの UV 座標セットを Python で設定できます。好きな座標を設定し、適用する Texture ユニットを選択します。

この機能はライティングエフェクトに便利です。

座標の設定方法:
# --
import GameLogic
cont = GameLogic.getCurrentController()
obj = cont.getOwner()

mesh_index = 0
mesh = obj.getMesh(mesh_index)
while mesh != None:
  for mat in range(mesh.getNumMaterials()):
    for v_index in range(mesh.getVertexArrayLength(mat)):
      vertex = mesh.getVertex(mat, v_index)
      uvco = [1.0, 0.0]
      unit = 1
      vertex.setUV2(uvco, unit)

  mesh_index +=1
  mesh =obj.getMesh(mesh_index)
# --
他に何も設定されていないと、この二つめの座標系は初回は一つめの物となります。



Blender Materials
Last update: Jan 26 2006.
This section is maintained by Ton Roosendaal.
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:7 平均点:10.00
前
Blender2.41 GLSL ピクセル/バーテックスシェーダ
カテゴリートップ
Blender機能別
次
Blender2.41 物理演算

クイックリンク

2013/11/15版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- オープンプロジェクト
- 公式ストア

●マニュアルなど
公式マニュアル(途中)
JBDP2.5 Wiki
CGRad Project
Project-6B(6B計画)

●チュートリアルなど
公式チュート等
その他チュートリンク集
公式動画チュートリアル
Blender Cookie
Blenderで3DCG制作日記
BlenderVideos.com
Blender 3D: Noob to Pro
blenderguru

●日本語コミュニティ
Blender@2ch
BLUG.JP(FBページ)
(BLender User Group of JAPAN)

-旧BLUG.JP
-blugjpまとめ
ぶれんだちゃん*(ツイッター)

●実写合成(日本語)
CGCompo

●合成エフェクト(日本語)
tomo@web

●Cycles
Blender Cycles memo

●Freestyle(日本語)
公式マニュアル
使用例
スザンぬクラブ

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org
- フォーラム
- 記事検索
- New feature tests
- Model Repository

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Graphicall.org(非公式)
Buildbot(自動生成)

●開発関連
開発情報
開発ドキュメント
公式開発ブログ
Blender開発者サイト
- バグトラッカー
- 旧バグトラッカー(閲覧用)
- パッチトラッカー
- 旧パッチトラッカー(閲覧用)
SVNコミットログ

●GameBlender
公式マニュアル
専用API
バグトラッカーなど
旧バグトラッカー(閲覧用)
Bullet 物理演算ライブラリ

●外部レンダラ
YafRay
LuxRender 私家版資料
Mitsuba

●アドオン
公式スクリプトカタログ
BlenderArtists::python & plugins

●アドオン開発
最新 PythonAPI
Python Japan User's Group

●モデル&マテリアル
Blender Model Repository
Kator Legaz 3D Model
Blend Swap
blender-materials.org

●日本語化・翻訳サイト
Blender日本語化関連(blugjpまとめ)
日本語化の設定(2.4xのみ)

●2.4x用スクリプトとAPI
公式(日本語:下側参照)
L-System(2.5以降は同梱)
Python API リファレンス(2.4x用)

2.4x以前ではPythonフルセットが別途必要になることがあります。
旧Pythonバージョン

●2.4x用プラグイン(Python以外)
Blender Plugin Repository

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失