投稿者 : yamyam 投稿日時: 2009年09月17日 (1386 ヒット)

B@rt氏による記事です。

LuxRender のRC6がリリースされました。

RC5からの変更点は以下の通り。
[wiki]-積年のメモリを食いつくすバグを修正(これは同じシーンでライトグループを使用している時と、そうでない時を比べて、多数のコアを持つコンピュータでパフォーマンスのペナルティを引き起こす可能性があります。私たちはこれを聞いた時本当に興味深いと思いました)

-プレビューレンダリングの修正と、標準入力からシーンを読み込む機能

-port PBRT 1.4の修正を LuxRender に移植

-flmファイルをマージする新しい luxmerger ツール。これは
ビルトインの機能を使わずに分散レンダリングする時に最も便利ではないかと思われます(これはまだアルファ品質ですので、問題が見つかれば知らせて下さい)

-多くのバグとメモリリークを修正
[/wiki]

リンク
LuxRender 0.6RC6 Announcement


投稿者 : yamyam 投稿日時: 2009年09月17日 (1822 ヒット)

元記事:How to render alpha maps in Blender 3D and YafaRay for architecture - BlenderNation

B@rt氏による記事です。

Ok、さらにもう少し YafaRay ニュースを。Allan Brito氏のアルファマップの使用方法に関するチュートリアルです。

Allan Brito氏曰く、
ブログ記事の一つに、私は Luxrender でテクスチャで作成・レンダリングできる木やその他の要素、特に屋外の建築物のビジュアライゼーション用の植物をレンダリングするための、アルファマップの設定について書きました。

それ以来、多くの人たちが同じテクニックを YafaRay に適用することについて尋ねてきました。これは可能でしょうか? もちろんです! ただし YafaRay で2D画像の木や人で同じ結果を得るためには、違うワークフローが必要です。

リンク
How to render alpha maps in Blender 3D and YafaRay for architecture


投稿者 : yamyam 投稿日時: 2009年09月17日 (1365 ヒット)

元記事:Yafaray 0.1.1 Documentation Completed - BlenderNation

B@rt氏による記事です。


Yafaray コミュニティが 0.1.1のドキュメントを完成させました。これは本当の意味でのニュースではありません(公開は7月)が、私はリファレンスとしてて、ここで紹介したかったのです。
Miles Loh氏曰く、

Yafaray レンダラのユーザドキュメントが完成しました。
多くのタイプの画像のレンダリングに便利な情報がたくさんあり、Yafaray の機能のすべてとそれらに Blender からアクセスする方法を系統的に解説しています。これは非常にわかりやすく、私が今まで目にした色々なグローバルイルミネーションの説明の中でも、非常に理解しやすい説明がいくつも含まれています。

オープンソースプロジェクトのドキュメント化は常につきまとう問題であり、このような高いクオリティであることに私は非常に喜びを漢字でいます。新しい Yafarayユーザの方にとって、すべての人に役立つと思います。


リンク
Yafaray 0.1.1 ユーザガイド。PDF 版もあります。


投稿者 : yamyam 投稿日時: 2009年08月26日 (1706 ヒット)

元記事:Indigo 2.0 Released - BlenderNation

B@rt氏による記事です。
(最近商用化された)Indigo のバージョン2.0がリリースされました。

Ben Nolan氏曰く、

私たちは Indigo 2.0を安定版としてリリースしました。コミュニティと話し合い、フリー版のユーザがもっと便利になるよう、フリーバージョンのレンダリングサイズの増加と、ロゴサイズの縮小を行いました。
以下はIndigo 2.0のアナウンスです。

私たちは商用化したにもかかわらず、Indigo に参加する新しいユーザと出会えて本当にうれしいです。個人的には私は seanser氏wytraven氏のような、Blender 発の人たちのモデリングの品質に驚いています。

告知より
Indigo のグラフィックユーザインターフェイス(GUI)が書きなおされ、パワーと使いやすさが向上しました。インタラクティブトーンマッピング、レイアウトブレンディングなど…が GUI で可能になったのです。Indigo の主要な新機能はモーションブラ―、レンダーノードGUIによりカスタマイズ可能な簡単ネットワークレンダリング、完全なユニコードのサポートなどです。サブサーフェススキャッタリングもスピードアップし、aperture diffraction(グレア)も改良されました。

Indigo エクスポータプラグインも大幅に改良され、簡単に使えるインストーラを備えました。また、Indigo エクスポータプラグインが Indigo Material ファイルを読み書きできるようになり、アーティストは高品質な Indigo Material のフリーのオンラインリポジトリ、Indigo Material データベース(http://www.indigorenderer.com/materials/ )を使用できます。

リンク
Indigo 2.0 Stable!
Indigo Blender exporter ('blendigo') manual


投稿者 : yamyam 投稿日時: 2009年08月24日 (1647 ヒット)

元記事:LuxRender v0.6 RC 5 Released - BlenderNation

B@rt氏による記事です。

LuxRender の近日登場予定バージョンの RC5がリリースされています。

Abhishek Gupta氏曰く、
Luxrender が速くなりました! 過去のRCビルドの新アクセラレータだけでなく、現在はフォトンマップレンダーオプションも装備されました。これは以前に私が不満だったスピードが加速されるでしょう。元々の計画では、このバージョンではアンバイスドレンダリングのみに専念する予定でした。しかしよく見ると、すでにフォトンマップがあったのです。これは恐らく最後のリリースの RC にあったようです。0.5からの大量の変更から考えて、0.6にどれだけ追加する予定なのかわかりません。ダウンロードには32ビットと64ビットのすべてのプラットフォーム用があります。

RC4からの変更:
[wiki]-バイディレクショナルインテグレータへの大幅な修正(これらは非常に重要なものであるため、バイディレクショナルでレンダリングしたシーンがあるなら、再レンダリングすべきです)

-メトロポリスサンプラのフェイズのウォームアップを削除

-boost 1.39へ切り替え

-多くのバグとメモリリークを修正
[/wiki]

リンク
LuxRender v0.6 RC5の告知


« 1 ... 3 4 5 (6) 7 8 9 ... 14 »

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki