投稿者 : yamyam 投稿日時: 2010年11月12日 (1449 ヒット)

元記事:Soft Editing | BlenderNation

B@rt氏による記事です。


変だけど興味深い部門より:Wahooney氏による、とある実験的な Mesh 編集スクリプトです。



Wahooney氏曰く、

これは約30分の Python スクリプティングと、Jacobson氏のベルレ積分を適当に理解した結果です。有機体の Mesh のソフトな編集を可能にする方法の一つです。さらに触るかどうかわかりませんが、もっと簡単にするためには Blender にいくつか変更が必要でしょう。



リンク
Quick and dirty verlet test


投稿者 : yamyam 投稿日時: 2010年11月06日 (2883 ヒット)

元記事:BlendME: Blender Modeling Environment for Architecture | BlenderNation

B@rt氏による記事です。




近日公開される BlendMe アドオンは、簡単に外部分析ツールを Blender に統合できることを保証します。


投稿者 : yamyam 投稿日時: 2010年09月17日 (1573 ヒット)

元記事:Watch out for Tube’s train! | BlenderNation

BNコミュニティレポーターによる記事です。


Tube プロジェクトの Josh Wedlake氏が素晴らしい複雑な列車モデルを制作され、パーツをどう管理したかについて少し説明されています。
Bassam Kurdali氏も Copy Attributes スクリプトの(2.54でもちゃんと動作する)更新についてのニュースを書かれています。このスクリプトは Draw オプションやモディファイア、その他多くのオブジェクトや Bone用アトリビュートのコピーに使用できるもので、Blender 2.4xの Copy Attribute メニューのようなものです。

リンク
Modeling the Train, with Automatic Baking
Copy Attributes Menu Wikiダウンロードページ


投稿者 : yamyam 投稿日時: 2010年09月11日 (2362 ヒット)

元記事:Mushroomer, Blender 2.5 Mushroom Generator Script | BlenderNation

Banlu Kemiyatorn氏による記事です。


これは Josh Wedlake氏が Tube プロジェクト用に作成された、Blender 2.5用キノコ生成スクリプトです。この Mushroomer スクリプトは、オリジナルのキノコオブジェクトを他のオブジェクトの表面に配置し、その結果、Josh氏と Henri Hebeisen氏が作成されたこの動画のようになります。



while the cat is away…の記事の Josh氏の言によると、

Bassam氏は数週間ブルガリアに行っているため、スタジオはほとんど Henri氏と私のものになっています。私はいくつかの早送り動画のために、キノコジェネレータを作成中です ― Tube を成長するキノコで埋めたいのではなく、ivy generator と育ちきった Particle システムの中間の物が欲しかったのです。
Henri氏がファンキーなキノコをモデリングし、私たちがこのエフェクトの可能性を見せ、Indirect Lighting とルミナスピンクへの私たちのフェチズムを発揮するため、簡単なデモビデオを紡ぎました。


リンク
while the cat is away…
Mushroomer’s Wiki Page
Tube Project


投稿者 : yamyam 投稿日時: 2010年09月04日 (3041 ヒット)

元記事:LuxBlend25, LuxRender Blender 2.5 Exporter | BlenderNation

Banlu Kemiyatorn氏による記事です。


LuxBlend25 の作者である Doug Hammond氏が、コア機能と、LuxRender と Blender 2.5の連携が取れている様子を紹介するビデオを作成されています。

Doug氏に感謝!

以下がそのビデオです。




ダウンロードについてですが、こちらの "Installation" を参考にして下さい。具体的には、github から [Download Source]でライブラリファイルをDLし、Zipなどの中にある、“ef”フォルダを Blender の "Scripts" フォルダに入れます。そして、LuxRender Mercurial repositoryから、LuxBlend25 の行の[zip]ボタンなどを押してDLし、中の“src\luxrender”フォルダを、同様に "Scripts" フォルダにコピーします。
そして、UserプリファレンスのFileタブ→Scriptsで、先ほどの "Scripts" フォルダを指定しておき、[Ctrl]+[U]で設定を保存した後、Blender を再起動すれば、レンダーセレクタから "LuxRender" が選択できるらしいです。

…というのは、こちらではまだ最近のSVNビルドで LuxRender を試していないため、インストールが成功していません(2.53から Python APIの使用が変わった所為)。後ほど追記します。


« 1 (2) 3 4 5 ... 52 »

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki