Blender.org
Blender.org : Blender 2.8 Code Quest 開始
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2018年02月14日 (2327 ヒット)

 Blender Foundation がイベント「Blender 2.8 Code Quest」を開始しました。
 これは2.8の開発を効率化すべく、現在の開発陣をアムステルダムに集める資金を募るためのもので、具体的にはロケット型のUSBメモリを販売する形で行います。
https://www.blender.org/2-8/quest/

 なお、本日(日本時で2月14日23:00)に、Blender Foundation の CEO である Ton Roosendaal 氏による Q&A がライブストリーミングで放映される予定です。



目標


 上記のBlender.org のイベントページには、以下の目標が挙げられています。

  • Blender 2.80 beta
    Code Quest のメインターゲットは Blender 2.8 をベータリリースすることです。2018年後半を予想しています。

  • Blender “101”
    特定の用途のユーザー用のシンプルなコンフィグレーション。詳細は developers blog(英文)にて

  • SIGGRAPH のショーケース
    最大のコンピューターグラフィックスのカンファレンスは Blender を業界に披露するのに完璧な場所です。8月のバンクーバーに場所を取ります





  • 実現に向けて


     現在、Blender 2.8に取り組むコアの開発陣は世界中の複数の大陸に散らばっており、お互いにチャットやメールによってオンラインで連絡を取り合っています。

     しかし、Blender 2.8プロジェクトのメインテーマである「ワークフロー」を実現するには多数のアーキテクスチャの変更が必要不可欠であり、このような方法では効率が落ちることもあるとのこと。

     さらにこのプロジェクトは完成まで2、3年かかることがわかっており、勢いを持続するためにはあまり長期間かけるべきではない、としています。

     そこで、コアの開発陣をアムステルダムの Blender Insititute に集め、一緒に開発しよう、というのがこのイベントの狙いの一つです。

     その期間は最低3か月間を予定しており、この中にはUI デザインとユーザビリティのフィードバックを提供する時間も含まれているとのこと。これにより、十分に注意を払って問題に取り組むことが可能になるそうです。


    費用と資金調達


     呼び集められた開発者は費用と全旅費の返還、住居の手配を受け、さらに皆が一同に集まり作業できるよう、大きなオフィスが提供される予定です。

     Blender Institute チームがコミュニケーション(Web、宣材、ソーシャルメディア)の支援と、イベント期間中のすべての後方支援をカバーし、トータルの Code Quest の費用は200-250K USD(約2152万?2690万円、1ドル107.6円換算)ぐらいになるそうです。

     その資金の一部を、Blender Store での、Blender ブランドのロケット型 USB メモリの販売という形でユーザーからの支援を受けます。これは1つ$39(34ユーロ。約4196円)で、8GBのメモリの中には Eevee のデモファイルや Blender オープンムービーなどが収録される予定です。

     そして1000個のロケットで Code Quest を発進(Launch)できるそうで、そのメーターがページ内に設置されています。なお、1000を超えた後でも受け付けは継続し、その場合より多くの人を集められ、集まる期間も長くなるとのこと。

     ちなみに上記の$39は割引価格で、3月1日以降は10ユーロ高くなります。
     ロケットは4月に発送される予定で、送料は一律$5.9のようです。購入は下記 URL からどうぞ。
    https://store.blender.org/product/blender-2-8-code-quest-rocket/

     また、他にも企業向けのスポンサーも募集しているそうです。


    終わりに


     すでに記事を書いている時点で450近くのロケットが販売されています。この分では目標は達成されそうですが、以前から Blender を何らかの形で支援してみたい、と思っている方にはいい機会だと思います。もちろん、Blender 2.8が楽しみな方も。
     Paypal での支払いが利用できますので、クレジットカードの利用に不安のある人も安心だと思います。


    印刷用ページ このニュースを友達に送る

    投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

    クイックリンク

    2013/11/15版
    ●Blender.org
    BlenderFoundation
    - Blenderのダウンロード
    - オープンプロジェクト
    - 公式ストア

    ●マニュアルなど
    公式マニュアル(途中)
    JBDP2.5 Wiki
    CGRad Project
    Project-6B(6B計画)

    ●チュートリアルなど
    公式チュート等
    その他チュートリンク集
    公式動画チュートリアル
    Blender Cookie
    Blenderで3DCG制作日記
    BlenderVideos.com
    Blender 3D: Noob to Pro
    blenderguru

    ●日本語コミュニティ
    Blender@2ch
    BLUG.JP(FBページ)
    (BLender User Group of JAPAN)

    -旧BLUG.JP
    -blugjpまとめ
    ぶれんだちゃん*(ツイッター)

    ●実写合成(日本語)
    CGCompo

    ●合成エフェクト(日本語)
    tomo@web

    ●Cycles
    Blender Cycles memo

    ●Freestyle(日本語)
    公式マニュアル
    使用例
    スザンぬクラブ

    ●ニュース(英文)
    BlenderNation

    ●Blenderコミュニティ
    blenderartists.org
    - フォーラム
    - 記事検索
    - New feature tests
    - Model Repository

    ●Blender Q&A
    - Blender Stack Exchange

    ●テストビルド
    Graphicall.org(非公式)
    Buildbot(自動生成)

    ●開発関連
    開発情報
    開発ドキュメント
    公式開発ブログ
    Blender開発者サイト
    - バグトラッカー
    - 旧バグトラッカー(閲覧用)
    - パッチトラッカー
    - 旧パッチトラッカー(閲覧用)
    SVNコミットログ

    ●GameBlender
    公式マニュアル
    専用API
    バグトラッカーなど
    旧バグトラッカー(閲覧用)
    Bullet 物理演算ライブラリ

    ●外部レンダラ
    YafRay
    LuxRender 私家版資料
    Mitsuba

    ●アドオン
    公式スクリプトカタログ
    BlenderArtists::python & plugins

    ●アドオン開発
    最新 PythonAPI
    Python Japan User's Group

    ●モデル&マテリアル
    Blender Model Repository
    Kator Legaz 3D Model
    Blend Swap
    blender-materials.org

    ●日本語化・翻訳サイト
    Blender日本語化関連(blugjpまとめ)
    日本語化の設定(2.4xのみ)

    ●2.4x用スクリプトとAPI
    公式(日本語:下側参照)
    L-System(2.5以降は同梱)
    Python API リファレンス(2.4x用)

    2.4x以前ではPythonフルセットが別途必要になることがあります。
    旧Pythonバージョン

    ●2.4x用プラグイン(Python以外)
    Blender Plugin Repository

    ログイン

    ユーザ名:

    パスワード:



    パスワード紛失