Blender.org
Blender.org : The Piovra Project - a network rendering script for blender
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2004年12月11日 (2091 ヒット)

元記事:The Piovra Project - a network rendering script for blender

bullx氏による記事です。

ついにPiovra Projectの最初のベータのダウンロードを開始することができました。

http://www.idstudio.it/piovra

ダウンロードとテストをお願いします。もちろん、ベータテスターとマニュアルの翻訳者も、もっともっと必要です!

PiovraはWindows用もしくはLinux/BSD/Mac用のインストーラを提供しており、端末とGUI、多くの機能がすべて簡単に使用できます。

私たちは、Piovraが皆さんによる更なるテストを重ねることにより、Blenderのベストなレンダーファームになるだろう、と考えています。

もし望みの情報が得られなくても我慢して下さい。このプロジェクトはまだ進行中だからです。
しかしながら、私たちは今このプログラムを公にしたいと思い、このプロジェクトをすべてのBlenderコミュニティに公開することにしました。

詳細は前述のサイトを訪れるか、またはMailをthe_piovra_project@freelists.orgにお願いします。


Windows版は前述のとおりインストーラで提供されているものの、他に必要なものがあります。
Python2.3.4
wxPython2.5
Pythonフルシステムはほとんどの方がすでにインストールされていると思います。
また、インストーラに記述されていますが、インストール先のパスにスペースが入らないことが望まれます。具体的には"Program Files"の下などはダメということです。
その他のOSの方にはシェルスクリプトが提供されています。

詳しい説明はreadme/MANUAL_ENGLISH.txtあたりを参照して下さい。あけるポートなどのほとんどすべての情報が書いてあります。
簡単には、マスターにmasterGUI、スレーブにslaveGUIを立ち上げ、スレーブ側でCPU番号とBlenderへのパスを設定、マスター側でスレーブのIPをAddで追加し、wakeallでblendファイルなどを設定し、レンダリングさせた後、recvallでそのファイルを回収、purgeで消せばいいようです。(環境がないので試してません)

ただし注意として、

- 指定するパスの最後にスラッシュや¥をつけないこと
- Windows版の場合、DOSでの表記(progra~1など、ロングネームをDOS用に縮めたパスネーム)を使用すること
- 使用するblendファイルのRenderButtons([F10])内のOutputパネルのrenderパス(デフォルトが"/tmp/"になっている一番上のフィールド)を空にしておき、Formatパネルのファイルタイプを予め指定しておくこと、

があります。

すでに、フォーラムにもyosiさんがElysiunへのリンクを書かれているので、そちらも参考にしてみて下さい。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

投稿者 スレッド
ななしさん
投稿日時: 2004/12/12 0:35  更新日時: 2004/12/12 0:35
 Blenderネットワークレンダリングマネージャ「Piovra」
トラックバック: FutureGadget Blog
使ってみた。
機能としては「レンダリングサーバに.blendファイルを送りつけ、指定したフレーム単位をレンダリングさせて画像をゲット」という...

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki