応用
応用 : Blender と Stephen Hawking
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2010年05月16日 (1614 ヒット)

元記事:Blender and Stephen Hawking - BlenderNation

コミュニティレポーターによる記事です。


新しい Discovery シリーズ、Into The Universe with Stephen Hawking用の最終 CGI は Maya で制作されているのですが、Blender がプレビズとコンセプトテストに使用されています。Nathan Williams氏は、Blender がこの野心的なシリーズの制作に役に立つツールだと気が付きました。




Nathan氏曰く、

私は新しい Discovery シリーズ、The Universe with Stephen Hawking の1エピソードを監督し、私自身もこのエピソードでタイムトラベルしました。
このシリーズはイギリスのグラフィック会社、Red Vision の制作した(Maya使用。Blender ではありません) CGI に強く依存しています。しかし、同時に私も空いた時間で Blender の勉強をしており、プレビズやテスト、コンセプトグラフィックスの制作に使用しはじめました。(注:実際のスクリーン上には Blender 制作の物は一切ありません。ただし、Blender でできないわけでもありません!)

私はこのプロセスが非常に便利だということを発見しました。「公式」CGI が来る前に、私たちが自分たちで編集できる素材を持つことができるよう、シーケンスの分解ができるようになったのです。
また、経費を浪費せず、私たちのアイデアを試すこともできました! これは新しく始めたものだったので、私の作成したプレビズは適切にはメイン CGI のプロセスに統合されませんでした。もし、これを再び使う行うことがあれば、私は確実に Blender の使用を最初からパイプラインに組み込むでしょう。

この作業を終えた後、私は歴史ドキュメンタリーを制作しました。以前ここで紹介されたように、そこでは Blender を最終グラフィックスに使用しました。

このシリーズのトレイラーがご覧になれます。


アメリカでの放送は、5月17日 pm 8:00に行われます。

イギリス(ここでは Stephen Hawking’s Universe という名前です)では、5月16日(日)のpm 9:00です。

Nathan Williams

www.nwilliams.co.uk/




印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki