YafRay(&外部レンダラ)
YafRay(&外部レンダラ) : LuxRender 0.7RC2がリリース
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2010年05月09日 (2039 ヒット)

元記事:LuxRender 0.7RC2 Released - BlenderNation

B@rt氏による記事です。


LuxRender チームは0.7のリリースに近づきつつあります。以下に以前の「安定版」である0.6.1からの変更点を要約します。

abhix氏曰く、

LuxRender は新しい0.7で多くの改良がされます。新しい absorption、新しいGUIなど…私にとって気になったものは、Particle の新しい対応です。





0.6.1からの変更点
[wiki]-新しい Qt GUI(まだ Windows 版ではパッケージ化されておらず、Linux版ではダイナミックリンクです。これが LuxRender 実行環境のスタティックリンク版パッケージがある理由です)。

-QBVHアクセラレータの新バージョン、多分高速ですが、まだ64ビットでは問題があるかもしれません。

-mitchell フィルタの新スーパサンプル(supersample)オプション(デフォルトではON)。シャープでほとんどリンギングアーティファクトのない結果をもたらします。

-メトロポリスサンプラの多くの改良。

-バイディレクショナルインテグレータの改良。

-パスインテグレータ用の直接光源のサンプリング方法が増えました。

-従来の glossy Matrial が glossy_lossy にリネームされ、もっとエネルギー損失の少ない、いい結果を与える 新しい glossy Material が追加されました。

-環境ライティングにコンバージェンスを改善する重要なサンプリングオプションを持つように。

-Volumetric オブジェクトが新しい glass2 Materialと volume プロパティにより、ガラス用の absorption に対応(後々のバージョンではもっとオプションが追加されるでしょう)。

-Brick テクスチャの大幅な拡張。

-新しいテーブル化されたデータテクスチャ。ファイルからスペクトルデータ(PBRT2スペクトルファイルなど)を読み込みできるように。

-様々なスピードアップと多くの修正。

-Qt GUIの改良と洗練。

-LuxBlendの修正、インスタンス(訳注:Dupli-により生成されたオブジェクト)のエクスポートの改良と Hair の対応。

-画像読み込みを FreeImage を使用するよう改良。これにより、より多くのファイルフォーマットに対応。
[/wiki]
リンク
LuxRender 0.7RC2 アナウンス
LuxRender / LuxBlend Hairテスト
LuxRender のダウンロードと情報


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki