技術・開発関連
技術・開発関連 : SIGGRAPH 2009 パネルによる、アイデフィニションコンピューティングとディジタルアクターの未来の探求
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2009年08月05日 (1329 ヒット)

元記事:SIGGRAPH 2009 Panel Explores Eye-Definition Computing and the Future of Digital Actors - BlenderNation

Tim Formica [Room335]氏による記事です。

ディレクターの Peter Berg氏("The Kingdom"、"Hancock"、そして近日公開される "Dune" リメイク)、ソフトウェアクリエイターで OTOY の CEO の Jules Urbach氏、そして、AMD のトップコンピュータとグラフィックスプロセッサの上級副社長である Rick Bergman氏が、高度なリアルタイムレンダリング技術と新しいデリバリーモデルを可能にするハードウェアとソフトウェアにおける革新的な進歩、ハリウッドレンダーファームと同等の物を家庭のセットトップボックスに置く可能性を持つ、来たるべきクライアントとサーバハードウェアについて議論したとき、SIGGRAPH 2009は "アイデフ(Eye-Def)" コンピューティングとディジタル映画制作時代に入りました。

「新しい技術がCGキャラクタと現実の俳優との違いを判別できなくするように、処理能力とソフトウェアのブレークスルーが、パワフルな新しい手段:アイ・デフィニションコンピューティングを作り出すのです」と、SIGGRAPH 2009 コンピュータアニメーションフェスティバルのエクゼクティブプロデューサである、Carlye Archibeque氏は語ります。「この手段がリアルタイムレンダリングの能力を動かし、新しい可能性がディジタル映画制作、ビデオゲーム開発、インタラクティブアニメーションに生まれます」

そのインパクトと意味に熟考するパネリストに参加しませんか?

・完全に CG で作成されたキャラクタによる映画

・プレビジュアライゼーション用のリアルタイムレンダリング

・CG映画キャラクタ同等のディテールを持つゲームキャラクタ

・画像とデータの先進的なキャプチャ技術によりディジタルの不死を得た俳優たち

・インタラクティブ性と家庭での映画視聴体験とのブレンドについての新しい可能性

この話の詳細はこちらへどうぞ

遅くなってしまったこともあり、正直どうしようか迷いましたが、面白そうなので。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki