技術・開発関連
技術・開発関連 : Blender開発者による2.5と未来についてのプレゼンテーション
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2009年05月27日 (1641 ヒット)

元記事:Blender Dev Talk: 2.5 and looks on the future - BlenderNation

Martin Poirier(Theeth)氏は、Blender の開発者チームの中ではもはやベテランであり、主に3Dウィンドウでのモデリングツールなどを担当、今度の2.49ではEtch-a-tonという Armature をスケッチするツールを開発しています。一部の BlenderArtists を利用されている方には モデレータの一人としてもご存知かもしれません。

その Theeth 氏が、カナダはモントリオールで開かれた、Libre Graphics Meeting 2009で Bleder 2.5とその未来についてのプレゼンテーションを行われました。長さは約34分
内容は2.5で実装されるUIやその他機能だけでなく、2.49のTexture Paint機能の強化(プロシージャルテクスチャのペイントなど)や、Texture ノード、ゲームエンジンの強化などが紹介されています。また、オープンムービープロジェクトとして、Durian、そして今回新たに、Mangoと呼ばれる、実写のエフェクトを行うプロジェクトについて紹介されています。
そしてその他のアニメーションプロジェクトとして、ProMotion Studiosの全26話構成のTVアニメーション、Kajimba!を紹介しています。その後質疑応答が少しあった後、氏の開発中の Each-a-ton を紹介しています。

そういうわけで、興味のある方はこちらからどうぞ。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki