作品紹介
作品紹介 : ボリューメトリックを GLSL でエミュレーションした、リアルタイム人体表示
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2009年05月01日 (1843 ヒット)

元記事:Real-Time Visible Human Using GLSL Emulated Volumetrics at BlenderNation

Alex Delderfield (AD-Edge)氏による記事です。
Kai Kostack氏は最近、Blender を使用した人体の驚くべきビデオツアーを投稿されました。このリアルタイムシミュレーションは、この数年の GLSL機能と、Blender のスピードアップがなければできなかったものです。

注意:
このビデオには死体やヌードがあります。下記リンクのクリックには注意して下さい。


Kai Kostack氏の説明によると、
「このデモでは、皆さんを、Visual Human Project のリアルな女性(59歳)の人体の見学(10分)を行うことができます。すべてリアルタイムで録画されています。

1746 x 570 x 666の解像度のからなる「ブロック」を表示しており、これはそれぞれにデータのスライスをマッピングした、数百枚の平面のスタックからなります。私は変換処理を完全自動で行うスクリプトを書きました。
レンダリングは基本的な GeForce 8600 GT(512MB)と、2.4GHz のQuad Coreシステム、メモリ4GB上で行いました」


この3D表現用のデータを確保する処理について。
Wikipediaからの引用
この女性の死体は標本が切断されても安定するよう、ゼラチンと水の混合液の中に入れて凍結され、その後、この標本は0.33mmの間隔で軸方向に平面に「カット」されて、最終的に40GBのデータとなりました。表面を削り取る処理は標本を完全に壊すため、使用することも、保存の利く死体の「スライス」にすることもできなくなります。
こうして、皆さんが死んでも上手くスキャンできるようになっているのです。


これは本当にパワフルかつ非常に興味深い Blender の利用方法で、多くのユーザが医療の世界をいざなうことでしょう。完全なビデオはダウンロード可能で、YouTubeVidemo で視聴もできます。また、BlenderArtists のスレッドには議論や情報があります。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki