gameBlender
gameBlender : Blender ゲーム、DukDuk!
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2008年03月27日 (2187 ヒット)

元記事:DukDuk! A Blender Game at BlenderNation

Glenn Melenhorst氏は、Iloura (Charlotte's Web, House of Flying Daggers, The Bank Job)の制作ディレクターです。氏は DukDuk! と呼ばれる、すべて Blender で作られた変わった小ゲームを制作中です。私たちは氏にこのプロジェクトについて聞きました。

以下は Glenn 氏の言葉です。


私はメルボルン(オーストラリア)の映画とTVの制作会社、Iloura で制作ディレクターをしています。アニメーションは1981年から、CGは1986年から始めています。

Blender と出会ってからというもの、私は熱中しどおしでした。仕事に使用したり、絶えず誰かに、これを見てくれ、Blenderならもっと上手くできるよ、などと言っていい、彼らに大分迷惑をかけています。
私はMax、Maya、Zbrush、その他仕事のためならなんでも使用しています。率直にいって、いずれは Blender が制作の場に使用されるところを目にする時が来るでしょう。
私は何も軽視したくはありません。Big Buck Bunny には特に感銘を受け、ブログ上のクールな更新の度に、アニメーション部門にメールしていました。

私のゲームエンジンへの興味は、ゲームのプロトタイピング用としてだけでなく、最近では、AR-toolkit とリンクしたビデオテクスチャプラグインのおかげで、動画の3D視覚効果や、アニメーション前のシーンのリアルタイムカメラによる録画についても考え始めています。とても多くのことが Blender で進行中で、本当にエキサイティングです。

DukDukについてですが、Blender ゲームエンジンコミュニティに大量の Python スクリプトがあることに感激はしたのですが、ほとんどのゲームのビジュアルが弱いと感じました。そのため、私はその方向から攻めようと思いました。私にプログラミング―水平思考のスキルが欠けていることで詰まっていましたが、それでもできた物には満足しています。その他に詰まっていた理由として、仕事が邪魔になったこと、日中には仕事、夜には3人の子供の面倒を見なければいけないことです。DukDuk の未来は暗いです。

下はDukDuk!のビデオです。



http://jp.youtube.com/watch?v=HXT2q2EY94I

空間彷徨ゲームとしての枠を超えてはいない印象はあるものの、前述どおり、独特のグラフィックセンスで非常に楽しげな物になっています。
ARToolKit について、以前いろんなところで話題になっていましたね。現在 ashsid氏によってデモが作成されています。WebCam などをお持ちの方はチェックしてみて下さい。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki