スクリプト・プラグイン
スクリプト・プラグイン : PantoGraph: ベクトルレンダラ
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2008年03月09日 (3179 ヒット)

元記事:PantoGraph- The Vector Renderer at BlenderNation

PlantPerson氏による記事です。

pantograph(パンタグラフ) はかつて1600年代に発明された、図のコピーを行う特別なツールでした。
現在では、CAD やコンピュータベースのツールなどが現れ、デザインやドラフトの標準となりました。しかし、Blender がそれに適しているでしょうか? 答えはシンプルです。
Bleder ユーザの rocketship 氏は、新しいプラグインレンダラ、PantoGraph を作成されました。これは皆さんのモデルを通常の画像ファイルではなく、拡大縮小可能なベクトルグラフィックスにレンダリングできます。


PantoGraph にレンダリングした時、皆さんのモデルの綺麗なベクトルバージョンが作成されます。劣化なしに無限に拡大縮小できるため、ベクトルは、ピクセルよりむしろ、形状を主としたイメージに適した特別な方法です。ご想像どおり、図やデザインを描く時に非常に便利な機能なのです。

Pantograph の最新版では以下をサポートしています。
[wiki]
-陰線レンダリング
-ソリッドカラー(Alpha含む)のみ
-シンプルに閉じた凸の立体を使用し、ブーリアン演算の「切り取り」機能が可能
-以下のそれぞれの線と太さと色をコントロール可能
--シルエット
--折り目
--Mesh
--陰線
-ペンとその設定を保存できるシンプルなGUI[/wiki]
rocketship氏は、PantoGraph がポストプロセスの邪魔となる物を非常に小さくするよう、確実に正確な画像を生成することにベストを尽くされています。
氏が影響を受けた物の一つに、Edward Tufte氏のコンセプト、"Smallest Effective Difference(効果による違いを最小限に)" があります。rocketship氏は PantoGraph が現存のノンフォトリアリスティック(NPR)レンダラには見られない、一定の繊細さを作り出すことに挑戦されています。

もし皆さんが建築画やその他図版に Blender を使用されているなら、PantoGraph を追加してみることを考えてみてください(新しいベクトルイメージにポストプロセスを行うなら、素晴らしいフリーの SVG エディタである、Inkscape を強くお勧めします)。

PantoGraph v. 0.4 がリリースされました。今がチェックする絶好のタイミングです。

さて、導入にはいくつかの手順が必要です。
まず、任意の場所に展開後、そのディレクトリを、PYTHONPATH環境変数に追加しなければなりません。また、pantographLib.py の HOMEDIR の記述も、展開したディレクトリに変更します。
また、別にいくつかのライブラリが必要です。Windowsでは、BlenderArtists のこちらの記事をご覧下さい。automatic-BRAIN氏がPolygonパッケージをコンパイルして配布されています。
当方はまだ導入していませんが、興味のある方は試してみて下さい。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki