作品紹介
作品紹介 : levelHead - 空間記憶ゲーム
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2007年11月20日 (1370 ヒット)

元記事:levelHead - a Spatial Memory Game at BlenderNation

B@rt氏による記事です。

levelHead は、Julian Oliver氏による空間記憶(Spatial Memory)ゲームです。これは、それぞれの Face に画像のついたキューブのみをインタフェイスとして使用します。Sony の EyeToy カメラを画像とスクリーンのキャプチャに使用し、計算した結果を表示します。

キューブの「内部」には、6つの部屋があり、それぞれは、ドアのネットワークで論理的に繋がっています。キューブを傾けることで、キャラクタを部屋のあちこちに移動させます。いくつかのドアはどこにもつながっておらず、最初にもどってしまいます。120秒の間にそれぞれのキューブの出口を見つけ、次に移動します。全体で5つのキューブ(レベル)があり、皆さんのご想像どおり、徐々にトラップが厳しくなっていきます…。

Julian氏は Blender でキューブの室内を作成され、下記で Blender を氏のワークフローに適合させる方法について語っています。

下記を読む前に、ビデオをご覧下さい。YouTube バージョンと、VLC でプレイ可能な OGG/Theora ファイル(25MB)があります。

時間の都合により、残りは原文をお読み下さい。

突然ですが、引越しでしばらくネットに接続できそうにないため、今週はこれで当方による更新は終わりにしたいと思います。恐らく来週からは通常どおりになる予定です。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki