コミュニティ・話題
コミュニティ・話題 : Funfeuer―ライブネットワークマップ
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2007年11月03日 (1317 ヒット)

元記事:Funfeuer - Live Network Map at BlenderNation

B@rt氏による記事です。

Blender が、Kunsthaus Grazで開かれた funkfeuer artlab 2007で、イベントの無線ネットワークのステータス表示用に使用されました。

Dorian Santner氏によると、
Funkfeuer Graz は、OLSR ネットワーク網のスナップショットを Blender に作成しましt。

Funkfeuer graz のフリーアクセス無線LANは、"オプティマイズドリンクステートルーティング(Optimized Link State Routing" protocol: OLSR.org)を使用しています。これはリンク状況を前もって持つルーティングプロトコルで、ネットワーク内のすべてのノードに、完全なトポロジーテーブルを浸透させ、その後、ローカルな転送経路を最適化して計算します。

観念的には、私たちの125のノードが移動可能なアドホックネットワークとなり、Blender内に私たちのネットワークの地形マップが作成できるようになりました。

XMLファイル(ノード位置)と、graphvizファイル(接続情報)をBlender 自身で読み込み、すべてのデータの解析を行います。スクリプト開始時、ウェブ上から動的に要求されたデータをフェッチし、ネットワーク接続状態を Blender のシーン内に描画します。接続には Curve を、Circle を BevelObject に適用し、Taper で、網を作成しています。

リンク:
説明
.blend ファイル

動作はなんとなく理解できたのですが、色々と怪しいので詳しい方のツッコミお待ちしております。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki