コミュニティ・話題
コミュニティ・話題 : SIGGRAPH での Maya、Max、Blenderのライター達のルアウ(宴会)
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2007年08月19日 (1572 ヒット)

元記事:Maya- Max and Blender writers luau at SIGGRAPH at BlenderNation

B@rt氏による記事です。

トニー氏とRoland Hess氏が、SIGGRAPH で、Wiley & Sons社の本の著者のディナーに招待されたとのこと。

トニー氏によると、


Bartさん、こんにちは。
私はこのサイトの読者が、この[url=http://leelanier.highend3d.com/2007/08/08/siggraph-day-3/]Lee Lanier's Blog の記事に興味を持つのではないかと思います。

記事の下の方の、Wiley & Sons Author Dinner の項に、私とRoland Hess氏(Introducing Character Animation with Blender のテクニカルエディタをされています)が、何人かの編集者、マーケティング担当者、Sybex/Wiley の本の著者が、Siggraph Conference でのディナーに招待されたことが書かれています。私たちは右から二番目(Roland氏)と三番目(トニー氏)です。そして、Maya Visual Effects: The Innovator's Guide の著者 Eric Keller氏、Edgeloop Character Modeling For 3D Professionals Only で共著者の Kelly Murdock氏(この本は Max ユーザ用に書かれたものですが、Blender アーティストにも非常に便利だと思われます。是非チェックしてみて下さい)。Advanced Maya Texturing and Lighting と Maya Professional Tips and Techniques の著者 Lee Lanier氏もいらっしゃいます。
一番右端は Maya at a Glance と、かの Digital Character Animation Volumes 1, 2, 3の作者である George Maestri氏です(また、George氏は多くの業績があり、サウスパークの最初のアニメーションプロデューサーでもあります)。

彼らのようなベテランのCGアーティストたちやライターたちと過ごす時間は私にとって非常に嬉しいものでした。さらに彼らは知識や才能のあるプロであり、会話がとても楽しかったです。このグループ内の「オープンソースアナーキスト」だという最初の冗談を聞かされてしばらくして、Roland氏と私は、人々の Blender の印象が全般的に非常に好意的であることがわかりました。(主観ではありますが。Siggrah Conference中いたるところで、私は幾度となく人々がこの言葉を口にするのを見ました。「おお!今の Blender ってこの機能もあるんだ?!」)

何もかもが素晴らしい時間でした。

トニー



印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki