コミュニティ・話題
コミュニティ・話題 : BlenderArt 第10号リリース!
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2007年06月02日 (1811 ヒット)

元記事:BlenderArt Magazine Issue #10 Released at BlenderNation

Blender ユーザのための PDF マガジン、BlenderArt の10号が公開されています。
第10号の特集は、"Organics(有機物)" で、63ページにも渡り、有機物モデリングの情報をとりあえげているとのこと。また、"Extinction Level Event" プロジェクトのメイキング記事もあります。

Izzy Speaks(P4-P5)
毎回テーマにあわせた豆知識を載せているページ。今回はツリージェネレータの Arbaro や、Ivy(つた)Generatorを紹介しています。

Taonui Face Modeling(桃南(人名?)フェイスモデリング)
目などのパーツから作成していく顔のモデリングチュートリアルです。

Managing Metaballs(Metaball 処理)
あまり取り上げられることのない Metaball を使用した、泥のお化けの作成。

Modeling And Rigging A Frog(カエルのモデリングとリギング)
先にリグを組んでからモデリングするという、あまり見ないタイプのワークフロー。動物は一見その構造がわからないことが多いので、このアプローチは骨格に忠実なアニメーションを行うのに有効だと思います。

BlenRig An Introduction(BlenRig の紹介)
以前ご紹介したことのある、非常に精巧なリグ、BlenRig の紹介記事。誰もが悩む肩の処理の解決には3週間を費やし、奥さんに励まされながら解決されたそうです…もしかしたらのろけ?(笑)
それはさておき、参考とすべき部分が多いです。例えば、氏曰く、関節を曲げて起こる「盛り上がり」の表現には、その Mesh の外に Stretch Bone で囲うのが一番直感的でベストな方法とか(確か昔のCGWorld にそんな方法のデフォーマを開発してた人の連載があったような)、前腕の簡単な解決方法など、色々な情報があります。是非読んでみてください。

Froggy Walkthrough(歩行するカエルのおもちゃ)
…といいつつ、実はデザインと、UVテクスチャなどがメインだったりします。

Extinction Level Event(メイキング)
Extinction Level Event は現在9ヶ月になる、製作中のムービープロジェクトで、プロジェクト全体の管理と計画、そして Blender での作業について記述されています。

Animated Castle Effect Walkthrough(アニメーションキャッスルエフェクト)
David Revoy(Deevad)氏のこの動画(注意:この記事の最初のリンクは動作してないようなので、その下の htm のページにいってみて下さい)の質疑応答です。

Meet The Blenderhead
Jonatan Poljo(Eldron)氏のインタビューです。

そしてギャラリー、奥付と続きます。次回のテーマはメカだそうです。

ダウンロードは元記事もしくは下記からどうぞ。
BlenderArt.org


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki