Blender.org > サイト・活動紹介
サイト・活動紹介 : Report: Nicodigital Meeting 2003
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2003年12月19日 (2311 ヒット)

Report: Nicodigital Meeting 2003

B@rt氏による記事です。

Caronte氏が私に下記のレポートを送ってくださいました。

先日の12月5日と6日、最初の"Jornadas sobre Blender, Yafray y Wings3D(BlenderとYafrayそしてWings3Dの日)"がバルセロナ(スペイン)のHANGAR施設(www.hangar.org)で行われました。この二日間では、いくつかのセミナーと体験教室に参加するためスペイン語Blenderコミュニティ(www.nicodigital.com)の重要人物の一部と一般のCGに興味ある人達が共通の場所に集まり、そこには熱狂的かつハードなアシスタントの仕事がありました。

体験教室で強調すべきところは簡単な実際の事例からスタートして、三つのアプリケーションの基礎について直接教わることです。初心者教室では、構成とコンピュータ、飲み物そして食べ物がすべての人の手にわたる必要があります。学習と作業の熱気あふれる協力的な環境がずっとありました。 YafrayセミナーではJandro氏(Yafrayの開発者)がその進化と現在外部レンダリングエンジンとして予期されていること、そして近いうちにBlenderに統合されることについて紹介しました。多くの人々がJandro氏によってはじめてYafray画像をレンダリングし、アドバイスを受けていました。

他に特筆すべきものはCaronte氏の有名な"Storm"アニメーションと、賞を受けた彼のF1モデルのblendファイルでした。すべてのアシスタントはCaronte氏自身による興味深いStormのメイキングと前回の2002 Curtiss' F1 Blender Challenge受賞作の内側を見ました。これらのblendファイルはこのページの下にあるリンクから自由にダウンロードできます。

もちろん、Pythonもありました。謎がKlopes氏によって明らかにされ、驚きと多少の混乱が同時に発生しました。あなたにも彼らの顔を見せたかったです!

セミナーの間には実際にC++とグラフィックスとアニメーションに、Blenderを含む大部分をGNUツールを使用して開発されている商用ゲームプロジェクトの事例について議論されました。このプロジェクトが公開されるのは年末で、何名かのスペイン語コミュニティからのblenderユーザが加わっています。お楽しみに…。

最終的には、予期せぬ圧倒的な成功と、アシスタントが一般の人をこの会合に興味を抱かせたことが幸いし、一般の人みんなと運営者の期待から二回目の会合を短期間に開催することが望まれています。そしてもちろん非常に活動的なBlenderコミュニティのひとつが世界的標準のCGクオリティを表現できたという事もあります。 もちろん、このまだ予定のないイベントを手伝いたいという、blenderユーザはみんな親切に招かれるでしょうが、レクチャーの基本言語はスペイン語ということを心に留めて置いて下さい。つまり、それこそが私たちが「スペイン語コミュニティ」と読んでいる理由です。

この催しの画像はwww.nicodigital.comのgalleryで見ることができます。楽しんでください!

Caronte氏の.blendファイルが自由にダウンロードできます。

J.Belanche (英訳malefico氏)


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki