トップ  >  1. Blenderリリースノート翻訳  >  Blender機能別  >  Blender2.34 Particle interaction
元記事(Ton Roosendaal氏)

Particle interaction


by Leon Turner



Blender Particleシステムの新機能はParticleを二つの方法―deflection(反射)とForce field(力場)での相互作用を可能にします。

Force fields
これをObjectに設定することにより、Particleの「アトラクター(吸引物)」にすることができます。ParticleはそのObjectのcentreを中心として引き付けられ(離れて)いきます。

パラメータのIpoキーを設定することもできます―よって、時間により、効果の強さを変化させることができます。もちろん単にForce-fieldを設定したObjectの位置をアニメーションすることもできます。

Deflection
Particleの「ディフレクター(反射物)」としてMesh Objectを設定でき、ParticleはそのMeshの表面を反射します。正しく反射させるには、面のnormalをparticleの方向に向かせて下さい。

Particleの反射の減衰度("Damping")をコントロールすることができ、反射に不確定要素を追加したり、何パーセントのParticleがそのMeshを通過するかを設定することもできます。

DeflectionのパラメータのIpoキーを設定できます―例えば、時間によりDampingの量を変化させることができます。

ディフレクター Meshはアニメーションできますが、Vertexkeysはサポートされていません。動いているディフレクターによる結果は一定しません―遅い動きのMesh、Particleの動いている方向から遠ざかるようなものは比較的上手く動きます。

ディフレクターが大きく動いている場合、もしくは複雑なMeshの場合も、ParticleはMeshから「漏れ」てしまいます。
 







@ner氏作の動画(440k)


インタフェイス


Particle interactionの設定はObject選択後、新しい"Effects"タブの中の"Particle Interaction"パネルで行います。

どのパラメータも変更しても、Particle Effectに行って、"Recalc All"をクリックする必要があります。現在、Particleの計算に時間がかかるため(重力がある場合は特に)、計算の進行度がコンソールウィンドウに表示されるようになりました。(注意:Particleシステム再計算ボタン(Recalc All)は、新しい"Particle Interaction"にも搭載される予定です)。

Blender Particleの進路はキーポジションを使用して計算されるため、精密な衝突判定とForceエフェクトを見るためには十分なkeysを設定する必要があります。多くのkeysは、長い計算時間と多くのメモリ(10万Particle、50キーで150MB)を消費します。

"Deflection"と"Force Field"ボタンの切り替えはScene内のすべてのParticleシステムに対するON・OFFに相当します。Deflectionは今はMeshのみ動作します。Force FieldはすべてのObjectのタイプで利用でき、現在は位置を基準とした(球状の減衰)力場としてのみ実装されています。

両オプションはBlenderのレイヤを考慮します。Force Fieldを見えないレイヤ(例えば20番)に移動可能ですが、Particle Emittorにも同じレイヤを設定して下さい。
 






broken氏作の動画(930k)


Particle Interactionパネル


Strength
Force Fieldエフェクトの強さ。

Fall-off
距離によってどれだけ力が減衰するかを決めます。

Surface damping
ParticleのMesh表面での反射を制御します。

Random damping
反射に不確定要素を付加します。

Permeability
Meshを通り抜けるParticleのパーセンテージ。

上記全てのパラメータのIpoキーの挿入は、マウスカーソルをEffectButtons上におき、[I]を押して下さい。

Ipo CurveはIpoWindowの"Object"のIpoタイプで編集できます。このCurveはリストの最下部の、"Col"Curveの下にあります。


Force fieldのstrength


-100

50

100
Force fieldのstrengthによる制御例。ただし、fall-off設定に依存するため、望みの効果を得るには調整が必要です。


Force fieldのfall-off


1.0

2.0

3.0
Object中心からの距離により力がどれだけ変化するかを示しています。2.0が「現実の」重力に相当します。


Deflectionのsurface damping


0.0

0.5

1.0
このパラメータはParticleがMeshに衝突したとき、どれだけ反射するかを制御します。


Deflectionのrandom damping


0.0

0.5

1.0
実際のSurface dampingが現在のSurface dampingの値から乱数で加算されます―例:Surface damping = 0.8、Random damping = 0.5の場合、実際のSurface dampingは0.8から0.9の間になります。


DeflectionのPermeability


0.0

0.5

1.0
Meshを通過するParticleのパーセンテージのコントロール。0.0 = 通過できない、1.0 = すべてのParticleが通過。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:7 平均点:10.00
前
Blender2.32 Displacement_mapping
カテゴリートップ
Blender機能別
次
Blender2.34 Ramp Shaders

クイックリンク

2013/11/15版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- オープンプロジェクト
- 公式ストア

●マニュアルなど
公式マニュアル(途中)
JBDP2.5 Wiki
CGRad Project
Project-6B(6B計画)

●チュートリアルなど
公式チュート等
その他チュートリンク集
公式動画チュートリアル
Blender Cookie
Blenderで3DCG制作日記
BlenderVideos.com
Blender 3D: Noob to Pro
blenderguru

●日本語コミュニティ
Blender@2ch
BLUG.JP(FBページ)
(BLender User Group of JAPAN)

-旧BLUG.JP
-blugjpまとめ
ぶれんだちゃん*(ツイッター)

●実写合成(日本語)
CGCompo

●合成エフェクト(日本語)
tomo@web

●Cycles
Blender Cycles memo

●Freestyle(日本語)
公式マニュアル
使用例
スザンぬクラブ

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org
- フォーラム
- 記事検索
- New feature tests
- Model Repository

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Graphicall.org(非公式)
Buildbot(自動生成)

●開発関連
開発情報
開発ドキュメント
公式開発ブログ
Blender開発者サイト
- バグトラッカー
- 旧バグトラッカー(閲覧用)
- パッチトラッカー
- 旧パッチトラッカー(閲覧用)
SVNコミットログ

●GameBlender
公式マニュアル
専用API
バグトラッカーなど
旧バグトラッカー(閲覧用)
Bullet 物理演算ライブラリ

●外部レンダラ
YafRay
LuxRender 私家版資料
Mitsuba

●アドオン
公式スクリプトカタログ
BlenderArtists::python & plugins

●アドオン開発
最新 PythonAPI
Python Japan User's Group

●モデル&マテリアル
Blender Model Repository
Kator Legaz 3D Model
Blend Swap
blender-materials.org

●日本語化・翻訳サイト
Blender日本語化関連(blugjpまとめ)
日本語化の設定(2.4xのみ)

●2.4x用スクリプトとAPI
公式(日本語:下側参照)
L-System(2.5以降は同梱)
Python API リファレンス(2.4x用)

2.4x以前ではPythonフルセットが別途必要になることがあります。
旧Pythonバージョン

●2.4x用プラグイン(Python以外)
Blender Plugin Repository

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失