リソース・チュートリアル
リソース・チュートリアル : Sintelのアートディレクター、David氏の不思議の国のアリス(2D)の解説
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2010年12月21日 (1520 ヒット)

元記事:Alice in Wonderland | BlenderNation

B@rt氏による記事です。


Sintelのアートディレクターの David Revoy氏が、CGSociety の著名な CGChoice awardに選ばれました。氏の(2D)作品は、不思議の国のアリスを見事に独自解釈した物で、隠されたディテールが非常にたくさんあります。David氏はこの素晴らしいディテールの制作プロセスを解説されています。

CGSocietyから引用すると、

Blender Foundation のオープンソースフィルムプロジェクト、‘Sintel' のアートディレクターとして、David Revoy氏は「活動中」であることを望み、氏の DVD チュートリアル、‘Chaos&Evolutions’ の完成後、すぐさまこの ‘Alice in Wonderland’ 3DVF コンテストへの参加を決定しました。

「Sintel中、私はオープンソースソフトウェアのみを使用し、コンセプトアートすべてを行う方法を探さなければなりませんでした」と氏は語ります。「それが私の Photoshop と Painter の代わりに、Linux システムの Mint、Gimp、Mypaint、Al.Chemy の使用方法を学んだ理由です。

あまりにも違いがあったため、簡単にはいきませんでした。ワークフローは全く同じではありません」


リンク
Alice – CGSociety Feature Article
Alice in Wonderland – David’s Blog


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki