リソース・チュートリアル
リソース・チュートリアル : 究極の Blender 用コンピュータ購入ガイド
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2010年09月22日 (2599 ヒット)

元記事:The Ultimate Guide to Buying a Computer for Blender | BlenderNation

BNコミュニティレポーターによる記事です。


Andrew Price氏は私たちにこの Blender用コンピュータ購入ガイドを送ってくださいました。ちょうど3日ほど前に IRC で誰かにこのことについて尋ねたところであったので助かりました。Andrew氏に感謝!

Andrew Price氏曰く、

このハンディガイドは新しいコンピュータを購入するプロセスをわかりやすく説明しています。僕自身、過去に貧弱なハードウェアを購入してしまった犠牲者であり、他の人が僕と同じ轍を踏まないよう手助けしたいのです。

このガイド内では、私は Blender 内のレンダリング時間に対し、各コンポーネントがどんな効果をおよぼすのか、どのコンポーネントに費用をかけるべきかを説明しています。

詳しくは記事をお読み下さい。

The Ultimate Guide to Buying a Computer for Blender




簡単にまとめてみます。

OS
Linux は Windowsに比べ安定性にすぐれ、メモリ効率よく、スムーズに動くのですが、氏曰く、Ubuntu はセットアップがマジ苦痛だったとのことで、氏は Windows 7をおすすめとして挙げています。

CPU
とりあえずマルチコアでできるだけ早い物を買えとのこと。
まあ、レンダリング時間に直結してますし、ここにお金をつぎ込むべきでしょうね。

RAM
氏はこれを二番目に大事な物として挙げており、レンダリング時間には影響しないものの、限界が増え、Blender がクラッシュするのが減るためです。特に Fluid では2GBでは domain のレゾリューションが100以下しか使用できないのに対し、16GBでは800も可能とのこと。
ところで画像が不意打ちすぎです

グラフィックカード
3Dビューでの操作は快適にはなるものの、現時点での Blender のレンダリング時間には影響しないため(SmallLuxGPUOctane のような GPU レンダラを使うなら別)、特に高い性能のカードはいらないと述べています。また、やはり今でも ATi のカードは鬼門なので、Nvidia 一択です。

ケース
冷却効率のいいものを選べ、とのこと。実際に氏はレンダリング中にハードウェアにダメージを受けたようです(別に出火はしてないらしいですが)。ゲーム用のケースが普通のケースに比べ、よく冷えるのでおすすめだそうです。

HDD
Blenderのスピードの点では特記すべき点はないが、安定性を考えるなら同じHDDを二つ買い、RAID 1 にしてミラーリングするのがおすすめだそうです。

最後は氏の PC の動画と構成が書かれています。ご参考にどうぞ


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki