リソース・チュートリアル
リソース・チュートリアル : Blender での立体視レンダリングチュートリアル
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2009年07月23日 (3311 ヒット)

Tim Formica [Room335]氏による記事です。

Sebastian Schneider氏はステレオカメラテクニックをひととおり探した後、自前のバージョンを作ることに決めたようです。立体視眼鏡を再び取り出す時間がやってきました。

Blender にはステレオカメラはなく、私たちの馴染み深い3Dプログラムで立体視アニメーション(link Up、IceAge3など…)を作成するいい方法を見つけることができませんでした。私は Python スクリプトと、軸外ステレオカメラをシミュレートする短い対処方法を書くことにしました。

その結果は私のサイトでどうぞ

氏のサイトではこのチュートリアルによって作成されるblendファイルと、Pythonスクリプトのみ、そしてこのスクリプトのニューバージョンがダウンロードできます。このニューバージョンを使用すると、このチュートリアルの7,8,9のステップが省略できるそうです。
ちなみにB.U.は Blender 単位のことで、このスクリプトではこれを1mもしくは1cmとみなすよう設定できます。また、3.Important で書かれている、チュートリアルの注意点を引用して訳しておきます。

a) Center Camera は移動、回転、アニメーションのみ行うこと
b) この Center Camera はスケーリングしてはいけない
c) 'MainScene' でのみ作業すること
d) Center Camera の 'Track-To' Constraint はスクリプトによって削除される
e) レンダリング画像の横幅(SizeX)の変更は Python スクリプトを通じてのみ行うこと
f) カメラの画角(Fov)の変更は Python スクリプトを通じてのみ行うこと

・ステレオカメラは好きなだけ追加できます。単に新しい Camera を追加し、これをアクティブカメラにし([Ctrl]+テンキー0)、(スクリプト内の)'Set Stereo Camera' を押すだけです。
・この Python スクリプトではパラメータの保存をしないため、各Camera のパラメータを確実に設定して下さい。
・レンダリング前にはこれらの新しく追加した Camera から Left- と RightCamera シーンへのリンク([Ctrl]+[L]→To Scene)と、それらを各シーンでアクティブカメラにする([Ctrl]+テンキー0)ことを忘れないで下さい。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki