リソース・チュートリアル
リソース・チュートリアル : Blender でのパラメータによる Object 作成
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2006年11月21日 (2186 ヒット)

元記事:Parametric Objects in Blender at BlenderNation

B@rt氏による記事です。

Yorik van Havre氏は Sao Paulo のフリーランスの建築家で、氏の80%以上の仕事を Blender で行われています。氏はパース・プレゼンテーションと、コンセプトとプロジェクトデザインの両方で Blender を使用されています。私たちは4月にも、Yorik氏の 'Urban Design with Blender' チュートリアルをご紹介していますが(当方では未紹介)、今日は氏が、Blender でのパラメータ入力によるモデリング方法を披露されます。


以下は Yorik氏の記事の引用です。
もしこのタイトルを Google に貼り付けることがあれば(訳注:もちろん "Parametric Objects in Blender")、結果の最初はおそらく、“Blender is not and will never be a parametric modeller(Blender にはパラメータによるモデリングはありませんし、その予定もないでしょう)”…

…Blender には Object に視覚的にパラメータを与えられる、非常に便利なツール:Shape Key と Armature があるのに、と思いました。そしてこれらとコミュニケーションを行うのに必要な Python インタフェイスも。

例えば、私がドア Object を作る時、「幅(width)」、「枠の厚さ(frame thickness)」、「ドアのタイプ(door type)」、「開閉角度(opening angle)」などのパラメータを与えたり、ドアブロックなどを自分のモデルの色んなところに、しかし、それぞれは違うパラメータで使用できるようになるなど。

少し要約しますと、Blender では、パラメータ入力による Object とは、EditMode に入らずに変形できる Object のこと、ということになるでしょう。

その結果、窓やドア、階段、カーテンウォールなどの「パラメータ化した」Object を使用できる5つのテクニックのデモとなりました。これは素晴らしいです!
全文は氏のサイトをチェックしてみて下さい。

もっとYorik氏の作品を見たい人は、氏のギャラリーを訪れてみて下さい。

(訳注:現在転送量過多でアクセスできませんので、こちらをご覧下さい。ギャラリーはもうしばらく待つ必要がありそうです。ちなみにスパイウェアと悪名高い「あなたのPCは〜」系の広告がありますのでアクセスしない方がいいでしょう)

あと、私は氏の Blender Theme を発掘してみようと思います。
(こちらは元記事のコメントにリンクがあります)

全文はほとんど英文ですが、Gifアニメーションとともに、各部品のblendファイルがダウンロード可能になっています。
ただし、これらはすべて単なるデモだということを忘れないで下さい。実際にデータ内に複数配置して使用したりすることは考えられていません。今後に期待しましょう。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki