テストビルド
テストビルド : Changes since 2.32 changelog
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2004年04月25日 (1446 ヒット)

Changes since 2.32 changelog

遅れましたが4/21版のビルドの変更点が更新。主な新機能を下記にあげます。
(バグ修正は時間がなくなったので割愛させていただきます)

Renderengine features
- RenderButtons(F10)のOctree resolutionでレイトレース時のシーンの大きさにあわせて解像度を変えてやることにより、レイトレースの無駄を省いてレンダリング時間を削減することが可能に。
- Areaライトの影に変更が加えられました。(上記リンク先参照)

Python API
- 現在のSceneモジュールの一部として、独立したSceneのレンダリングとYafrayレンダリングのサポートを行うレンダリングモジュールが追加。
- IpoCurve.getNameが現在はActionIPOのcurve名も返すように。
- Object module更新。obj.getTimeOffset()とobj.setTimeOffset()が追加。
- Object moduleにobj.getActionIpos()が追加。このメソッドはすべてのIPOのキーを辞書で返し、Armatureでのみ動作します。
- Armatureの追加・ペアレントのサポートを追加。
- boneタイプにquaternionをサポート。
- bone weightのget/setをサポート。

NLA Module added
- Armatureのポーズ設定機能―Armatureのキーフレームが設定できます。
- action/actionチャネルのサポート。
- addBoneとclear Parentの追加チェック。
- getActionIposをObjectモジュールからNLAモジュールへ移動しました。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki