リソース・チュートリアル
リソース・チュートリアル : Advanced Rigging チュートリアル
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2006年11月19日 (2554 ヒット)

元記事:Advanced Rigging Tutorials at BlenderNation

brian氏による記事です。

皆さんはすでに多くの Toloban氏による筋肉シミュレーション実験を BlenderArtists でご覧になっていると思います(訳注:当方では残念ながら未紹介)。Toloban氏は Ipo Drive 操作の Shape Keyを使用し、氏のモデルに筋肉シミュレーションを作成されています。さらに氏はわざわざ、特別にその方法についての要約を作成されています。


氏は Advanced rigging チュートリアルのシリーズの中で、そのテクニックや手法を公開されています。最初のチュートリアルは間接の曲げ方と、間接においての凹みを防ぐための Bone の適切な追加方法について書かれています。

その次は、前腕のようなねじれる部分の Bone の設定についての興味深い解説です。現在は、Tolobal氏は Shape Key の議論と、Bone の代わりに Shape Key を使用した凹みの修正について書かれています。
最後は、Pydriver をコントローラとして使用した、肩の設定方法の少し複雑な技術解説です。
pydriver(翻訳されていないので、この記事リリースノートAKIさんによるサンプルを参照して下さい)

Toloban氏のチュートリアルはこちら

他にも、氏のリグ済の女性モデルなどの素晴らしいリソースも氏のサイトにあります

いや、これは本当に素晴らしいです。スキニングで誰もが一度は悩む手足の間接や前腕のねじれ、そして腕を上げた際の肩の挙動が解決されてしまうのですから。特にリアルな人体でアニメーションしたい人は必見です。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

投稿者 スレッド
AKI
投稿日時: 2006/11/20 0:42  更新日時: 2006/11/20 0:42
長老
登録日: 2004/8/1
居住地: 愛知県
投稿数: 428
 Re: Advanced Rigging チュートリアル
 上腕のボーンも長短二種類を使っている所とか思い付きもしませんでした。

投稿者 スレッド
yamyam
投稿日時: 2006/11/21 9:01  更新日時: 2006/11/21 9:01
管理人
登録日: 2004/4/27
居住地: そうや、うちはおおさかやー
投稿数: 4400
 Re: Advanced Rigging チュートリアル
そうですね。そして更に4つの ShapeKey に、座標系の問題を解決するためにスクリプトまで書かれているのですから…ただただ感心するばかりです。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki