リソース・チュートリアル
リソース・チュートリアル : ベクターブラーチュートリアルと、チュートリアルプロトコル
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2006年11月14日 (1857 ヒット)

元記事:Vector Blur Tutorial-Tutorial Protocol Consensus at BlenderNation

Tim Formica[Room335]氏の記事です。

私のような、Blender の新しい機能を理解するため「テクニカルチャレンジ」をした人間にとって、機能の解釈に時間を費やし、シンプルかつ明快で正確な方法をチュートリアルに纏め上げた人たちに、私は本当に頭が下がるばかりです。時々、プログラマたちが新しい機能の使用方法を説明しているのを読むのですが、大抵、もっと技術よりの説明になっています。単純に理解できないため、フラストレーションがたまるのです。


そのため、私はその後腰をすえて、ボタンを押したりパラメータをセットして実験したり、レンダリングしてみて思い通りの結果がでるように祈ったりします。その間は楽しいのですが、時間を消費してしまいます。
もちろん、経験によって学習できるということはわかっています。でも、私は新しい概念に時間を費やすよりむしろ、モデリングやアニメーション、ストーリーを作成したいのです。

Oliver Saraja氏のベクターブラーチュートリアルは、チュートリアル執筆の一流のサンプルの一つで、シンプルかつ要点を押さえています。Oliver氏には感謝します! ちょうど必要だったのです。

ここに、私が作業しているあるアニメーションからの、ブラーを与える前と与えた後のショートクリップがあります。
(訳注:元記事も参照して下さい)

一方、チュートリアル作者の皆さん、Blender は絶えず成長を続けているため、ボタンやメニューは時折位置が変化します。そのため、Ver.2.37用と書かれたチュートリアルが、2.42ではもはや通用しなかったりもします。もしすべてのチュートリアルが、どのバージョンの Blender が使用されているか、作者は誰なのかといった、基本的なプロトコル(手続き)に従っていれば素晴らしいと思いませんか?

例として、Eugene氏が以前に BlenderArtists で見つけた、SoftBody のビデオチュートリアルについて書きます。それは非常に素晴らしいチュートリアルですが、私はそのボタンの位置を探すことができないまま、たどっていくことになりました。ビデオチュートリアルであるため、私が使用しているバージョンの Blender よりどれだけ古いバージョンの物が使用されているか見ることができず、プログラマたちは新しいバージョンでボタンの位置を変更したに違いありません。

私は Blender を長年使用しており、自分のやり方を確立しているため、ボタンを探すのにそう時間はかかりませんでした。しかし、初心者や Blender と現在使用している有料プログラムと比較し、作業工程に十分なものかどうかを試している CG 経験者だったら? 彼らがフラストレーションを持ち、ボタンが見つからないことで、興味を失うことを考えてみて下さい。

私は皆さんの多くが同じように感じていると判っています。どのバージョンが使用されているかを示すのと同じぐらいシンプルな何かによって、多くのフラストレーションと苦悩からチュートリアルユーザを救うことができ、Blender をよりユーザフレンドリーにするのに役立つでしょう。

さて、このことについてどう思われますか? 皆さんのチュートリアルに対する試練と苦悩、そしてどう改良すべきかをコメントとして残してください。十分な情報があれば、私たちは世論として迎え、チュートリアルプロトコルリストを BlenderNation Tutorial セクションに投稿するでしょう。
あ、ベクターブラーチュートリアルもチェックして下さい。これは非常にいい物です。他のチュートリアルもOlivS氏の Feeblemindにあります。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki