リソース・チュートリアル
リソース・チュートリアル : 商業プロジェクト:Coca-Cola
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2006年11月13日 (2148 ヒット)

brian氏による記事です。

Guilherme Lopes氏は私たちに、Blender がどれだけ商業プロジェクトで利用できるか、すべてを明らかにして下さっています。

Guilherme氏はまた、親切にもこのプロジェクトについて議論され、最終画像にいたるまで何をされたかを披露されています。

氏は一連のレンダリング画像を Blender 内部レンダラと Yafray で作成されています。その後、これらを Photoshop を使用して合成されています。画像のメイキングはCGTalkにあります。


話は少しそれますが、この CGTalk のスレッドに衝撃的な事実が!
なんと、YafRay はすでに Alpha 付きテクスチャをサポートしていたのです!(FAQ の Q.23)

…あ、別に衝撃的でもなんでもないですかそうですか。orz

FAQを引用しておきます。
Q23:Alpha チャネル付きのテクスチャマップが動作しません。Alpha マッピングはサポートされているのでしょうか?
Alpha マッピングはちゃんとサポートされています。Blender で、Alpha チャネル付きのテクスチャは通常のように、"Alpha"("MapTo" パネル)を使用することでマッピングされるでしょう。
YafRay で半透明エフェクトを得るために、すでに Alpha を低いレベルにしている必要があることはもちろん、"Mirror Transp" パネルで、Alpha チャネルのあるテクスチャマップを適用している Material に "ZTransp" を使用しなければなりません。
プリセットの Material を使用するのもいい方法ですが、Ztransp を ON にし、rayMir 値を低くしておくのを忘れないで下さい。

いやー、当方も完全に誤解していました。あはははははは。orz

…それはさておき、ちゃんと FAQ は読んでおくものだと痛感した次第です。反省。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki