テストビルド
テストビルド : 4/7,8付 bf-blender Windows版、verBlender Linux版
投稿者 : yamyam 投稿日時: 2006年04月09日 (2881 ヒット)

lguillaume氏(4/7):BF Windows 2006-04-07
jms氏(4/8):bf- Windows (2006-04-08) MSVC (+ Win98 )
vizzy氏(4/8):verBlender- Patch-Preview Built- updated 07.04.2006 + cloth

三種のテストビルドが公開されています。

lguillaume氏の物はCloth モディファイアパッチが当てられています。この Cloth モディファイアは、以前 zaz氏がPythonスクリプトで公開されていた布シミュレーションを元にしたもので、こちらの論文を元に実装されています。従来の SoftBody と比べ、より布に近い挙動になっているとのことです。wiki や、Elysiunのスレッドも参考にして下さい。(前者にはスクリーンショットや動画があります)。
ちなみに、Cloth モディファイアと障害物がある場合、このモディファイアの再生や Bake を行ったときに 3DView に何も表示されなくなることがあります。ただし、Bakeすると、再生時に表示されるとのこと。


jms氏の物は Windows98でも動作するよう、マイドキュメントとデスクトップが FileSelector にデフォルトで登録されないようになっています。

vizzy氏の物は Linux 版で、前述の Cloth を含め、多くのパッチが適用されています。詳しくは氏のページの、Details をクリックしてみて下さい。図入りの解説が表示されます。

コミットログはいつもどおりLuxlaさんで。


ついでにCloth の設定を簡単に。
- 布 Object と、衝突判定を行う(障害物)Object の両方に Cloth モディファイアが必要。

- 障害物 Object は、Collision ボタン(モディファイアパネル内)を押す。

- Collision Type は、None 以外を適用。KDOP(K-Dimensional Discrete Oriented Polytopes)で凸面同士の衝突判定、Sphere/Self で球との判定だと思いますが、不安定(クラッシュする)な所為で未確認です。

- Simulation Type はシミュレーションを行うアルゴリズムの選択。Provot solver が前述の論文の物です。

- VertexGroup を使用し、ピン止め(Pinned Vertex Groupで指定)したり、影響度を Weight で指定(Mass〜)できます。

その他のパラメータは SoftBody から適当に判断して下さい。(汗
不安定な所為もあり、ちゃんと試せませんでした。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki