新しいUV展開スクリプト、ArchiMap

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

通常 新しいUV展開スクリプト、ArchiMap

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2005/8/15 10:04
yamyam  管理人 居住地: そうや、うちはおおさかやー  投稿数: 4275
New UV Projection mapping- python

cambo氏作。このスクリプトは、題名どおり、新しい UV展開で、入力した角度以下の Face を自動的にまとめてくれます。とりあえず氏のサイトをみればすぐにわかります。

氏によれば、LSCM と比べ、以下の点が優れているとのこと。
- Seam を作成しなくてよい。
- テクスチャスペースをより有効に使用する。
- 無機物(建物、車など)を自動的に処理するのにより適している。
- Face の相対的な大きさを保持する(LSCMはしません)。

ただし、人体などの、有機物のUVマップの作成には向いていないそうです。

使用は、FaceSelectMode([F])中、UV/ImageWindow のUVsメニュー → ArchiMap 〜 を選択して下さい。
以下に各ダイアログの意味を示します。

- Fillin Holes / No Filling: 作成されたUVのスペースを節約するため、穴の開いた部分を利用して埋めます。その代わりスピードが遅くなります。

- OnlySelected / Unwrap All: 選択されている面のみ展開 / すべて展開

- Compression: (Fillin Holes時のみ)穴を埋めるUVの「島」縮小をどれだけ許すか(?)

- Angle limit: 角度の閾値。

UVマッピングはUVの作成が面倒だから…と、あまり活用されなかった人も、これでずいぶんと身近になるのではないでしょうか。
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki