Sequenceプラグイン:Zutil

投稿ツリー

  • 通常 Sequenceプラグイン:Zutil (yamyam, 2005/2/26 16:35) «

このトピックの投稿一覧へ

通常 Sequenceプラグイン:Zutil

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2005/2/26 16:35
yamyam  管理人 居住地: そうや、うちはおおさかやー  投稿数: 4270
元記事:New seq plugin: Z-screen - Now renamed zutil v.1b

paprmh氏作のSequenceプラグイン。名前のとおり、Zバッファに関するプラグインです。Sceneもしくはレンダリング済のIris+ZBufferのImageをAddし、Add→Effect→Pluginでzutil-v.1b.dll(Windows)や、.so(Linix等)を読み込み、[<Z](start:前面)[>Z](end:背面)の間を処理します。
このプラグインにはZバッファを視覚化する3つの方法があります。

Depth/dumpZ
8ビット階調の白黒画像でZバッファを表現します。

Depth/dumpZ(反転:二回クリック)
32ビットRGBでZバッファを表現します。元記事で表示されている画像の左はEditorで表示される画像、右側が実際にAlphaと保存される画像です。

view/DOFmask
startより小さい値(前面)の部分が赤から黄へのグラデーションに、endより大きい値(後側)が水から青へのグラデーションになります。startからendは通常の8ビット白黒になります。

view/DOFmask(反転)
startからendまでを黒に、そしてその外側に向かうにつれグラデーションになります。
この二つは実際にはstartからend以外はマスク用にAlphaが付いて保存されます。

maskZ/Invmask
startからendをmaskcolでマスクします。それ以外は通常どおりの画像になります。
反転時はこれが逆転します。

auto select:>Zに最近傍ピクセル、<Zに一番遠くの完全に透明なピクセルの辺りを設定します。

inv gradient:グラデーションを反転します。

verbose/TMI:コンソールに情報を表示します。反転時はできるだけ多くの情報を表示します。

前述しましたが、元記事に画像つきで機能が紹介されていますので、そちらもご覧下さい。
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

クイックリンク

2021/07/01版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- 公式チュート等
- 公式マニュアル(和訳)

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Buildbot(自動生成)


●開発関連
公式開発サイト
Blender開発blog
Blender Wiki