トップ  >  1. Blenderリリースノート翻訳  >  Blender機能別  >  Blender2.46 Material ノード
元記事:blender.org - Shading Nodes


シェーディングノード



Geometry ノード - 前・背面の出力


Front と Back のソケットから、Face の前面もしくは背面(オリジナルの Face Normal から決定)の見える方を描画するためのモノクロマスクを出力します。1.0で前面、0.0で背面です。モノクロマスクは各種のシェーディング効果で柔軟に使用できますが、紙切れの表裏などの、Material のブレンドに使用するのが一番便利です。

ページめくりアニメーションデモビデオ(185KB))



二つの Material のマスキング



Extended Material ノード


これは従来の Material ノードと同じですが、Input と Output ソケットが増えています。

ほとんどの場合、シェーダのデザイン中には、すべてのオプションが必要ではないと思います。この新しいノードは旧 Material ノードから分離されており、大量のパラメータのある巨大なノードを扱わなくてもいいようになっています。





Material ノードエディタの Invert ノード




Composite ノードエディタの Invert ノード

Invert ノード


Composite ノードでも利用できるこの Invert ノードは、従来の、入力を1.0で減算することで可能だった動作をシンプルにします。
この新しいノードには RGB チャネルや Alpha チャネル、そして両方を反転するオプションが付いています。これにより、単に Alpha チャネルを反転したい場合でも、多くのノード(Separate RGBA、Subtract、Set Alpha)を追加しなくてすみます。



以降 yamyam による記事です。原文にはありません。


Pyノード


Python スクリプトにより、ノードを自分で作成できる機能です。様々な演算を行いたい時、プログラミングに親しんでいる人なら、目的の結果を得られるようノードを構築するより効率が向上するでしょう。

テストコード実行例


実際の作成方法は以下のとおりです。
1) Blender の TextWindow に、ノードを処理するためのコードを書く。具体的には、Nodeライブラリをimportし、MyNodeクラスを定義して行います。もちろん外部エディタで書いて Load するか、TextWindow 上にコピペ([Ctrl]+[V]でペースト可)しても構いません。分かりやすい名前も付けておきましょう。

2) Material ノードを使用する準備を行う。

3) ノードエディタで、Add→Dynamic→Dynamic、もしくは先ほど作成したスクリプトの名前が表示されていればそちらから選択する。Dynamic を選んだ場合、ノード上からスクリプトを選択できます。

4) 問題がなければ、(コーディングされていれば)ソケットなどが表示され、通常のノード同様に操作できます。エラーの場合、ノード上にErrorと赤字で表示されます。コンソールウィンドウに詳細が表示されますので、該当部分を修正し、その後ノードエディタ上のノードの[Update]を押すと修正が反映されます。

テストコード
BlenderDev-PyNodes-APIからの引用です。最後の行はいらないかもしれません。
from Blender import Node
from Blender.Noise import random

class RandomNode(Node.Scripted):
    def __init__(self, sockets):
        col = Node.Socket('Color', val = 4*[1.0])
        sockets.input = [col]
        sockets.output = [col]

    def __call__(self):
        self.output.Color = map(lambda x: x * random(), self.input.Color)

__node__ = RandomNode

リンク
BlenderDev-PyNodes - BlenderWiki
サンプル.blend ファイルがダウンロードできます。テストコードもありますが、こちらはインターフェイスが変更された所為で使用できなくなっているようです。

BlenderDev-PyNodes-API - BlenderWiki
ノードを作成するのに必要な主な API と、作成方法が記されています。

注意
まだ結構不安定です。レンダリング後フリーズしたり、名前をつけなかった時に、Add→Dynamic→で空欄を選択したら強制終了したことがありました。保存はこまめにして下さい。


元記事:blender.org - Shading Nodes
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:18 平均点:10.00
前
Blender2.46 Composite ノード
カテゴリートップ
Blender機能別
次
Blender2.46 UV 編集

クイックリンク

2013/11/15版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- オープンプロジェクト
- 公式ストア

●マニュアルなど
公式マニュアル(途中)
JBDP2.5 Wiki
CGRad Project
Project-6B(6B計画)

●チュートリアルなど
公式チュート等
その他チュートリンク集
公式動画チュートリアル
Blender Cookie
Blenderで3DCG制作日記
BlenderVideos.com
Blender 3D: Noob to Pro
blenderguru

●日本語コミュニティ
Blender@2ch
BLUG.JP(FBページ)
(BLender User Group of JAPAN)

-旧BLUG.JP
-blugjpまとめ
ぶれんだちゃん*(ツイッター)

●実写合成(日本語)
CGCompo

●合成エフェクト(日本語)
tomo@web

●Cycles
Blender Cycles memo

●Freestyle(日本語)
公式マニュアル
使用例
スザンぬクラブ

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org
- フォーラム
- 記事検索
- New feature tests
- Model Repository

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Graphicall.org(非公式)
Buildbot(自動生成)

●開発関連
開発情報
開発ドキュメント
公式開発ブログ
Blender開発者サイト
- バグトラッカー
- 旧バグトラッカー(閲覧用)
- パッチトラッカー
- 旧パッチトラッカー(閲覧用)
SVNコミットログ

●GameBlender
公式マニュアル
専用API
バグトラッカーなど
旧バグトラッカー(閲覧用)
Bullet 物理演算ライブラリ

●外部レンダラ
YafRay
LuxRender 私家版資料
Mitsuba

●アドオン
公式スクリプトカタログ
BlenderArtists::python & plugins

●アドオン開発
最新 PythonAPI
Python Japan User's Group

●モデル&マテリアル
Blender Model Repository
Kator Legaz 3D Model
Blend Swap
blender-materials.org

●日本語化・翻訳サイト
Blender日本語化関連(blugjpまとめ)
日本語化の設定(2.4xのみ)

●2.4x用スクリプトとAPI
公式(日本語:下側参照)
L-System(2.5以降は同梱)
Python API リファレンス(2.4x用)

2.4x以前ではPythonフルセットが別途必要になることがあります。
旧Pythonバージョン

●2.4x用プラグイン(Python以外)
Blender Plugin Repository

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失