Blender Developers ミーティングノート(190107)

投稿日時 2019年01月08日 | カテゴリ: Blender.org

元記事:[Bf-committers] Blender developers meeting notes - 2019-1-7

Brecht Van Lommel 氏の記事の翻訳です(※リンク先は特に断りのない限り英文)。
現在 UI の翻訳中(新規ID数3000)でちょっと訳がgdgdになっていますがご勘弁を。

こんにちは皆さん。

今日の開発者ミーティングのメモです。次のミーティングは1月14日(月)9:00(UTC。日本時では18:00)です。



1) 新機能と変更


Blender 2.8の安定化に集中し続けています。約75のバグが先週修正されました。
  • Preferences(設定)のデザインが一新、構造が改善され、設定を見つけるのが非常に簡単になりました。
    https://developer.blender.org/T54115

  • NLA での回転のブレンドで、クォータニオンの補間が正しく使用されるようになりました。これは制作における NLA エディターの作業を改善する新たな一歩となります。
    (訳注:ただし、この件に関しては Alexander 氏が次のように述べています
    『それは未完成で、実際にはリファクタリングに伴い、その時点でタイムラインに影響するストリップがなくても、常に NLA の全チャンネルが、スタック内のすべてのアクションの影響を受け、明示的な値に変更されるようになりました(この場合、そのプロパティのデフォルト値が使用されます)。

    これは 全チャンネルにデフォルト値を手動でキーフレーム挿入したアクションをボトムトラックとして追加しない限り、 NLA スタックの評価が予測通りに完了しない、という古い問題を解決すると思われます』)

  • ビューポート:デフォルト HDRI を更新。city(街)、courtyard(法廷)、interior(インテリア)が追加され、grass field(草原)と night(夜)が他の画像でリプレースされました。

  • アイコンセット、特にエディターアイコンが更新。

  • 2D Animation テンプレートが更新、プロパティのレイアウト、ブラシとマテリアル設定などが変更されました。



  • 2) 開発


  • Blender 内の全 C/C++ コードのフォーマッティングに clang-format を使用することを計画しています。これはすべてのパッチや branch で(自動化可能な)更新が必要となる、破壊的な変更になりますが、長い目で見れば、時間の節約と、コード品質の向上になります。
    https://developer.blender.org/T53211

  • もうほぼ使われていない多数のメーリングリストを閉鎖する提案がされています。
    https://lists.blender.org/pipermail/bf-committers/2019-January/049742.html



  • 3) ウィークリーレポート


  • Brecht:
    https://wiki.blender.org/wiki/User:Brecht/Reports/2019#December_31_-_January_4

  • Campbell 氏:
    https://download.blender.org/ftp/ideasman42/donelist/2018.html#week-306-december-31

  • Dalai 氏:
    https://wiki.blender.org/wiki/User:Dfelinto/Reports/2019#January_1_-_4

  • Philip 氏: https://wiki.blender.org/wiki/User:PhilippOeser/Foundation/2019

  • Sebastian 氏: https://wiki.blender.org/wiki/User:Zeddb#December_31_-_Jan_4

  • Sergey 氏:
    https://wiki.blender.org/wiki/User:Sergey/Foundation/2018#Week_367:_31st_-_6th_January






  • Blender.jpにて更に多くのニュース記事をよむことができます
    https://blender.jp

    このニュース記事が掲載されているURL:
    https://blender.jp/modules/news/index.php?page=article&storyid=4109