投稿者 : yamyam 投稿日時: 2003年06月26日 (975 ヒット)

New demos, new OSX version, new gallery... and WWDC

ton氏の投稿です。

やがて開催されるApple WWDC conferenceは www.blender3d.org サイト更新のいい機会となるでしょう。さらに「正式な」代表者として、カンファレンスを歩き回り、もちろんBlenderのかっこいいTシャツを着て、コンタクトを取るためそこでBlenderのデモをします。

みんなが楽しめるように、新しいギャラリー、そして特別に前NaNのアーチストであったRandall Rickert氏が作成し用意していた、新しいBlenderのランタイムデモがあります。オースティンパワーズが嫌いな人は、'Naughty Nurse' デモを走らせないで下さい。:)

そしてOSXユーザのためには、現在のベータ以外の公式の中間リリースがあります。楽しんでくださいOSXユーザの皆さん!


投稿者 : yamyam 投稿日時: 2003年06月26日 (889 ヒット)

An introduction to the Blender source

broken氏の投稿です。

Kent Mein (SirDude)氏が、Blenderのコードを触りたいが、どこからはじめていいかわからない新しいプログラマのために素晴らしいドキュメントを書き上げました。

そのガイドはここにあります。An introduction to the Blender source

新しく手伝って下さる方は歓迎します。もしこのドキュメントに更なる貢献を望む、もしくは何かを書き上げるのを手伝って下さるのであれば、私にemailを送って下さい―broken (at) mke3.net.


投稿者 : yamyam 投稿日時: 2003年06月22日 (917 ヒット)

参加要項のお知らせ

Blender Foundationの活動内容と参加に関する情報がまとめられて公開されています。
また、現在進行中のプロジェクトのリストも公開しています。興味のある方はどうぞ。


投稿者 : yamyam 投稿日時: 2003年06月16日 (938 ヒット)

Functionality board

非常に遅くなりましたが、ton氏の投稿です。

Blender functionality board(Blenderの機能に関する委員会)の設立についての議論は、そのすべてを組織化する方法についての総意がすぐには得られませんでした。それでも私は進めたいと思っています。たとえわずかな前進であろうと。

functionality boardのコンセプトは、Blenderの機能のレビューと開発の手助けをするために、Blenderのアクティブユーザのフィードバックと環境のリサーチを組織化するものです。

まず最初の段階として、誰もが参加できるメーリングリスト(bf-funboard@blender.org)を作成しました。ここにあります。

近い将来、他のツールがたとえば、projects.blender.orgのプロジェクト(cvs, 一時的なwebフォーラム, feature tracker(機能の追跡))や、blender.orgのwebページ同様に追加できるでしょう。

最初の目標として、二つの重要なトピックを設定します。
1.委員会の組織化について:決定の手続き、目標、作業の割り当て等。
2.Blender2.28-2.50シリーズの実行可能な概念について、現在コーディングしているプログラマ達の支援と励まし。

見直されるべき焦点と範囲
- エンドユーザの行動の意図の中にある機能性。
- 技術的でない議論。とはいえ、時には実行可能かどうかの討論は必要ですが。
- 現在のblenderでできることすべて。非常に興味深いBlender3、もしくは'NGB'トピックは他の環境、またはもっと後のことです。

さらに私は二人の人物にこのプロジェクトの最初の目的の、組織化と管理の支援を依頼しました。
-> _broken (Matt Ebb)、すでにwww.blender3d.orgの設立に活動し、blender.orgフォーラムの管理、そしてメディアデザインを研究しています。
-> basse_ (Bastian Salmela)、ユーザコミュニティで活動し、頑強なblenderユーザであり、偉大なアーティストです。

私はBlender functionalityに興味をもつ皆さんの意見が聞きたいです。そして参加と活動を望みます。

-Ton-


投稿者 : yamyam 投稿日時: 2003年06月12日 (1076 ヒット)

Blender Gamekit US edition

ton氏の投稿です。

NoStarch出版はBlender Gamekitの第2版を出版し、現在AmazonとアメリカおよびカナダのBarnes & Nobles、Borders、Chapters.Indigo.といった書店で販売されています。

http://www.nostarch.com

この第2版は私たちのGamekitとよく似ているように見えますが、NoStarch社流のデザインにあわせてあり、また文章の文法も同様に調整されています。そして、ウィルスはCDROMにはありません。
NoStarch社と私たちはより多くのBlender書籍の制作に関し、緊密に協力しあいます。その目標は完全で新しいマニュアルとリファレンスガイドを今年に出版することです。

旧版についてはまだ200ほどの在庫があり、以降も私たちのe-shopで販売されます。両方とも私たちの経費をカバーするものとして歓迎されます。よろしければご購入下さい!


« 1 ... 173 174 175 (176) 177 178 179 ... 183 »

クイックリンク

2013/11/15版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- オープンプロジェクト
- 公式ストア

●マニュアルなど
公式マニュアル(途中)
JBDP2.5 Wiki
CGRad Project
Project-6B(6B計画)

●チュートリアルなど
公式チュート等
その他チュートリンク集
公式動画チュートリアル
Blender Cookie
Blenderで3DCG制作日記
BlenderVideos.com
Blender 3D: Noob to Pro
blenderguru

●日本語コミュニティ
Blender@2ch
BLUG.JP(FBページ)
(BLender User Group of JAPAN)

-旧BLUG.JP
-blugjpまとめ
ぶれんだちゃん*(ツイッター)

●実写合成(日本語)
CGCompo

●合成エフェクト(日本語)
tomo@web

●Cycles
Blender Cycles memo

●Freestyle(日本語)
公式マニュアル
使用例
スザンぬクラブ

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org
- フォーラム
- 記事検索
- New feature tests
- Model Repository

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Graphicall.org(非公式)
Buildbot(自動生成)

●開発関連
開発情報
開発ドキュメント
公式開発ブログ
Blender開発者サイト
- バグトラッカー
- 旧バグトラッカー(閲覧用)
- パッチトラッカー
- 旧パッチトラッカー(閲覧用)
SVNコミットログ

●GameBlender
公式マニュアル
専用API
バグトラッカーなど
旧バグトラッカー(閲覧用)
Bullet 物理演算ライブラリ

●外部レンダラ
YafRay
LuxRender 私家版資料
Mitsuba

●アドオン
公式スクリプトカタログ
BlenderArtists::python & plugins

●アドオン開発
最新 PythonAPI
Python Japan User's Group

●モデル&マテリアル
Blender Model Repository
Kator Legaz 3D Model
Blend Swap
blender-materials.org

●日本語化・翻訳サイト
Blender日本語化関連(blugjpまとめ)
日本語化の設定(2.4xのみ)

●2.4x用スクリプトとAPI
公式(日本語:下側参照)
L-System(2.5以降は同梱)
Python API リファレンス(2.4x用)

2.4x以前ではPythonフルセットが別途必要になることがあります。
旧Pythonバージョン

●2.4x用プラグイン(Python以外)
Blender Plugin Repository

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失