投稿者 : yamyam 投稿日時: 2003年05月29日 (807 ヒット)

Next Generation Blender Invitation

Eskil氏の投稿です。

次世代Blender計画の世界にようこそ!次世代Blender計画とはいったい何か?それはverseネットワークプロトコルをベースにした新しい3Dアプリの構築を狙いとしたプロジェクトです。これは試験的なプロジェクトであり、結果がどうなるかわかりませんが、私たちはここに集結します!

もし何かコーディングしたいのであれば、まずverseプロトコル(新しいバージョンは2です)のソースコードをダウンロードし、サーバをコンパイル(v_とvs_で始まるすべてのファイル)した後、あなた自身のプロジェクトを立ち上げ、すべてのverseファイル(v_で始まるファイル)をincludeします。そう、そのとおり。あなたのモジュールは実行可能になるのです!アプリがverseのファイルをincludeしている間は、他のすべてのコンポーネントと会話が可能になるのです。したがってあなたは他の人のコードをみる必要はなくなり、それらのコードスタイルもしくは何か同じような方法に従う必要もなくなります。あなたがする必要があるのは、vll.hにあるverseのAPIを使用することだけです。

将来的にはAPIの追加を次世代Blender計画のコアに行いますが、これらは皆さんの前進の妨げにならないようにオプションとなるでしょう。

verseの実装コードのソース(zip 60k)
verseのスペックのドラフト(MS doc 220k)

Eskil Steenberg
eskil@obsession.se

FAQ:

Q:mailをすると迷惑ですか?
A:いいえ、励みになります。でもすぐにはお返事できないかもしれません。

Q:では、私の質問がおろかなものでもmailすべきでしょうか?
A:もちろん!

Q:私はばかげたものを書きましたが、どうすべきでしょう?
A:投稿して下さい!

Q:このスペックの穴やスペリングの問題に気づいていますか?
A:はい、ただしあなたで止めずに、それについてのmailをして下さい。

Q:何か特別なことがあっても、私はコーディングに専念すべきですか?
A:いいえ。すべてのことは必要で大事なことです。あなたのしたいことをして下さい。

Q:verseプロトコルの実装のライセンスは何ですか?
A:LGPLで、もちろん商用コンポーネントを作成することができます。

Q:動作するプラットホームは?
A:verseは非常に可搬性に優れ、ほとんどの環境で動作します。

Q:私の環境でのコンパイルに問題を抱えています。どうしましょう?
A:メールして下さい。

Q:私は何のコマンドが送られてきたかを知るのに苦労しています。どうすればいいでしょう?
A:"V_PRINT_SEND_COMMANDS"と "V_PRINT_RECIVE_COMMANDS"がすべて定義してあれば、入出力のトラフィックが標準出力に出力されます。

Q:他のアプリにPlug-inを書くことや、verseで交信することはできますか?
A:はい!

Q:なんのライブラリが必要ですか?
A:verseはstd libとsocketsを必要としています。あなたの作ったコンポーネントはあなたの好きなものが使用できます(GL、Glut、GTK、Carbon、SDL、DirectX)。私たちはあなたのコンポーネントを可搬性が高くコーディングするよう助言しますが、強制ではありません。

Q:私はverseプロトコルをある処理系をサポートするため変更したいのですが、そんなことはできますか?
A:できますが、しないで下さい。なぜなら、そうすればこのプロトコルのために書かれた他の物との互換性がなくなるからです。代わりにメールして下されば、他の解決方法を探ろうと思います。

Q:いつアプリケーションを見ることができますか?
A:この実験はひとつのアプリケーションをつくることではありません。多くの小さなアプリケーションを集めて動かすことが目的です。

Q:素晴らしい。私はプログラマではありませんが、なにかできることはありませんか?
A:ええ、することはたくさんあります。webサイトのホストや似たようなことです。また、できる多くのヘルプやサポートを確保する必要があります。verseを広めて、できるだけ多くのヘルプを確保して下さい。
このコンセプトの肝は今までの総合型アプリとは違い、プロトコルを通じて必要な機能だけを集積するといった、unixなどのcuiツールのようなものを目指しているということです。


投稿者 : yamyam 投稿日時: 2003年05月19日 (957 ヒット)

Python status report

broken氏によるPython APIの現況です。

最近、Michel Selten氏がこの新しいBlender PythonスクリプトAPIの最新の進行表を送って下さりました。氏はBlender2.28のために新しい実装の準備を整えたいとのことです。詳しくはロードマップをご覧下さい。

Pythonチームはまだモジュールの追加、仕様書作成の補助、新しいプロジェクト確定等のため、CプログラマとBlender Pythonユーザを探しています。もし興味がありましたら、bf-pythonのメーリングリストに参加してみて下さい。

下記はMichel氏のemailのコピーです。

このmailで私は現在のPython APIの状況の要約をしようと思います。それともしできれば、Blender2.28のための新しい実装の準備を整えたいと思っています。変更があれば歓迎します。どなたかが作業されている部分がある場合は、そのお名前を()の間に書き記してあります。:)

重要な部分:


下記の部分はPython APIに必要とされるところです。これらは旧APIにも存在したか、もしくは重要な部分です。:)

main Blenderモジュールの実装終了BGLモジュールの実装終了Cameraモジュールの実装終了Drawモジュールの実装終了Imageモジュールの実装終了IPOモジュールの実装保留Lampモジュールの実装終了Materialモジュールの実装保留Meshモジュールの実装(IanWill)
保留
NMeshモジュールの実装(IanWill)
保留
Objectモジュールの実装(Michel)
保留
Sceneモジュールの実装保留Textモジュールの実装終了Windowモジュールの実装終了セキュリティ問題の解決方法の模索保留

優先度:高

2.28のリリースにおいては重要ではありませんが、それ以前に修正すべき部分です。

それぞれのモジュールのコメントの更新
(ヘッダのコメントに私が"This is a new part of blender"と書いていますが、これは短いモジュールの説明に置き換えるべき部分です)保留APIテスト用の標準のテストスクリプトの作成
(ただしIanWill氏が助けて下さるでしょう)(IanWill)
保留
Blender Python APIの説明の作成
(ただしIanWill氏が助けて下さるでしょう)(IanWill)
保留
新しいPythonモジュールの実装方法のTutorialの作成
(IanWill氏がすでにこのTutorialの一部をカバーする、短くていい説明を書かれています。そのうちcvsに追加されることでしょう。:))
(Michel)
保留
VRML import/exportの分離とスクリプトの作成
(これはその後blenderにも組み入れられるかも知れません。このスクリプトはYafray import/exportスクリプトのような役割をするでしょう)保留ビルドプロセスから開発凍結されたものとsource/blender/bpythonの削除
これは重要な部分が解決されたに行う必要があります。保留

優先度:低

2.28リリースには重要ではないですが、現在(2.27)のAPIに追加されるべき部分です。

WindowsモジュールにFileSelectorを追加終了WindowsモジュールにImageSelectorの追加終了新しいArmatureモジュールの作成(Jordi)
保留
新しいBoneモジュールの作成(Jordi)
保留
新しいCurveモジュールの作成終了新しいWorldモジュールの作成保留Python APIの使用方法Tutorialの作成
(新しい部分も含む)保留

セキュリティ問題

Pythonはあなたのドライブの削除、フォーマット、メールを送ることができるツールを提供する一人前のスクリプト言語です。違う言い方をすれば、現時点で優れたウィルスを実装できる機能をもつということで:/、blenderは.blendファイルを開いたときにスクリプトを実行することができます。このように、新しいTutorialガイドが利用可能となった時、いともたやすく悪意のある.blendファイルを作ることができます。また、誰かがバグレポートをし、.blendファイルを配布したとき、彼はあなたのファイルを削除するスクリプトを混入することができるのです。現在、この問題について議論中ですが、ご自由に参加して下さい。:)


投稿者 : yamyam 投稿日時: 2003年05月17日 (899 ヒット)

Blender SIGGRAPHの集い2003

という訳で詳細が決まりました。セッションなどの詳細はこちらを参照にして下さい。


投稿者 : yamyam 投稿日時: 2003年05月15日 (871 ヒット)

長いのでこちらへどうぞ。
ちなみに今回もgame engineは利用不可能です。
また、elysiunにも記事がありますので、こちらも参照してみて下さい。


投稿者 : yamyam 投稿日時: 2003年05月15日 (876 ヒット)

Question about 2.27

Tuhopuuと2.27の位置づけと、XMLについての質問。2.27(オフィシャルリリース)は極力安定化されたものであり、Tuhopuuはその逆にプログラマの自由度第一につくられたものです。
そして、XMLについては、別にYafrayのために作られたわけでもなく、現状バイナリしかないblenderのデータ形式にテキスト形式であるXMLを採用することにより、視覚化、自由度の向上を取り入れることが目的とされている、ということらしいです。また、問題が発生するデータも、視覚化されればその原因(不正なリンクなど)をつきとめることが可能になるかもしれませんし、コンバート時において、正規化されることも期待できます。


« 1 ... 168 169 170 (171) 172 173 174 ... 176 »

クイックリンク

2013/11/15版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- オープンプロジェクト
- 公式ストア

●マニュアルなど
公式マニュアル(途中)
JBDP2.5 Wiki
CGRad Project
Project-6B(6B計画)

●チュートリアルなど
公式チュート等
その他チュートリンク集
公式動画チュートリアル
Blender Cookie
Blenderで3DCG制作日記
BlenderVideos.com
Blender 3D: Noob to Pro
blenderguru

●日本語コミュニティ
Blender@2ch
BLUG.JP(FBページ)
(BLender User Group of JAPAN)

-旧BLUG.JP
-blugjpまとめ
ぶれんだちゃん*(ツイッター)

●実写合成(日本語)
CGCompo

●合成エフェクト(日本語)
tomo@web

●Cycles
Blender Cycles memo

●Freestyle(日本語)
公式マニュアル
使用例
スザンぬクラブ

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org
- フォーラム
- 記事検索
- New feature tests
- Model Repository

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Graphicall.org(非公式)
Buildbot(自動生成)

●開発関連
開発情報
開発ドキュメント
公式開発ブログ
Blender開発者サイト
- バグトラッカー
- 旧バグトラッカー(閲覧用)
- パッチトラッカー
- 旧パッチトラッカー(閲覧用)
SVNコミットログ

●GameBlender
公式マニュアル
専用API
バグトラッカーなど
旧バグトラッカー(閲覧用)
Bullet 物理演算ライブラリ

●外部レンダラ
YafRay
LuxRender 私家版資料
Mitsuba

●アドオン
公式スクリプトカタログ
BlenderArtists::python & plugins

●アドオン開発
最新 PythonAPI
Python Japan User's Group

●モデル&マテリアル
Blender Model Repository
Kator Legaz 3D Model
Blend Swap
blender-materials.org

●日本語化・翻訳サイト
Blender日本語化関連(blugjpまとめ)
日本語化の設定(2.4xのみ)

●2.4x用スクリプトとAPI
公式(日本語:下側参照)
L-System(2.5以降は同梱)
Python API リファレンス(2.4x用)

2.4x以前ではPythonフルセットが別途必要になることがあります。
旧Pythonバージョン

●2.4x用プラグイン(Python以外)
Blender Plugin Repository

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失