投稿者 : yamyam 投稿日時: 2003年01月18日 (991 ヒット)

Siggraph challenge

先日分にも書きました、Siggraph2003関連のニュースです。

こんばんはElysiunの皆さん!

ずいぶんご無沙汰しています。
まだ本当の意味での正式な新しいBlenderは公開されていませんが、その背景には(blenderの)コードにより、すべてをもっと快適にしようと考えているプログラマ達による、多くの活動があります。私たちはちょうど今、彼らに時間を与える必要があります。そして私についても、とにかくたくさんの計画すべき事があります。

そう、それはSiggraphが近づいているからです。まだ6ヶ月も先のことですが、その公式スケジュールの一部となるためには、プロジェクトもしくは提出物を早いうちに申し込まなくてはなりません。
www.blender.org のトップページに、この計画についての記事があります。特に皆さんの興味を引くのはこれではないでしょうか:

Animation festival
http://www.siggraph.org/s2003/cfp/caf/index.html

もしあなたの(Blender)作品が認められれば、私はあなたの航空券と入場料の出資に最善をつくしましょう!

それでは

詳細については、FAQをご覧になってください。簡単には3分以内の映像を3月12日の第一締め切り(音声は後でも構わないが、80%はできあがってなくてはいけない)に、NTSC VHSもしくはBetaSPのビデオテープに録画して応募しなければいけません。
自信のある方は是非参加してみて下さい。


投稿者 : yamyam 投稿日時: 2003年01月17日 (1043 ヒット)

Siggraph2003に参加しよう!

Siggraph 2003が7月の最後の週(7/27-31)に再び、サンディエゴで行われます。
このカンファレンスとトレードショーは巨大なので、通常、長い準備期間を経て開催されます。すでにいくつか間に合わない部分はありますが、その他の多くの事については今までどおり5月までに申し込めば間に合います。

今年私はいくつかの大規模な目標を設定しました…おそらく私たちはそのすべてを達成することはできないかもしれません。しかし、締め切りのストレスは一般的に、人々をやる気にさせるのに非常に効果的です!

Siggraphのテーマは「産業の危機」。そう、これについてポジティブな答えを出しましょう。Siggraphでこのような主張をする人たちが彼らの象牙の塔を去り、泥の付いた靴を履くときがきたのです!

Tradeshow booth
Siggraphにおいて常にクールな場所のひとつ…トレードショーフロアは私たち自身の永遠の溜まり場です。それは再び'99年のしみったれた、経済的だが能率的なスタイルになるでしょう。

Sketches and Applications
これは論文・パネル発表以外で、最も一般的な活動です。現場のレポートやデモ、そして討論がおこなわれます。私は少なくともひとつの部屋に半日を求めています。

Educators program
これは論文、パネル発表、討論、フォーラム、プレゼンテーション…なんでもできます。
Siggraphに参加している教育者たちはBlenderの事を聞いたことはないでしょう…彼らの興味をひくチャンスです。

Guerilla studio
人々がたむろすることができる大きなエリア。小さな(コーディング)セッションやデモを行うにはいいでしょう。

Blender Birds of a Feather
これは同じ興味をもつ者同士が集まるのに完全に非公式な方法です。昨年は特にSiggraphの最初の日に新しい友人達と会うことができたりと、不思議とうまくいきました!

Siggraphで真の成功を収めるには、私たちは当然何か披露するものが必要です! それは以下のようなものでしょうか:

Blender 2.3 foundation release
その時点の人々のすべての改良を含む、確実にNaNなしのBlender…。

Blender 2.5 prerelease
新しいインタフェイス? レンダラ? Python? Undo?
恐らくはそのすべて…。

Third party presentations
Blenderで作られたクールな物、もしくはBlenderのスペシャルバージョン、周辺ユーティリティ、あるいは革命的な新しい世代のBlenderなどを作った人が私たちのブースでプレゼンテーションを行えるように…。

もちろん、私が私自身でこのすべてを行うのは不可能です。私たちはボランティアの助けが必要です…ちょうどBlender'02カンファレンスのように、私はヘルプできる人たちのリストを管理しようと思います。もし興味をお持ちであれば、私にmailを送り、あなたが何をしたいかを私に伝えて下さい!

私たちは、至急「sketches(アイデア発表)」と「educators(教育者)」プログラムのための提案を持つ人を必要としています。Siggraphの締め切りはすでに数週に迫ろうとしています…。

-Ton-



投稿者 : yamyam 投稿日時: 2003年01月11日 (981 ヒット)

Dang... virus copied to GameKit CDROM...

年末発売されたGamekitですが、CDROM内にウィルス(NIMDA)に感染されたファイルが混入していたとのことです。そのファイル名は

\Tutorials\Assets\BlenderBall\samples\bots.nws

です。とりあえず、ダブルクリックしたりしなければ害はありません。これはOutlookExpress用ネットニュースファイルですので、実際にはGamekitにはなんら関係ありません。もしCD-ROMからHDにコピーした時には削除しても構いません。
また、こちらにフリーの発見・駆除ツールがあります。不安のある方は試してみて下さい。


投稿者 : yamyam 投稿日時: 2003年01月05日 (1232 ヒット)

projects site online

そうです!CVSレポジトリが新しいプロジェクトサイトへ移動しました。cvsについてはcvsへ繋ぐURLを例外として、頑として本当に何も変わっていません。
さらに興味深い点は、私たちが今、プロジェクトをより良く促進することができる事でしょう。projects.blender.orgのgforgeの機能に触れてみてください…maillistオプションを除き、そのほとんどは動作します。maillistは依然として、旧システムにより一時的に管理されたままです。

Gforgeプロジェクトには'管理者(admins)'と'メンバー(members)'があります。そのすべてはcvsライトアクセス権を持ちます。したがって、現在、cvsに正しくcommitしている人は私により本日、プロジェクトメンバーに追加されます。
管理者については、私はKent Mein、Maarten Gribnau、そしてRob Haarsmaを任命しました。おぉ、そして私もだった! とはいえ、私は今は(まだ)活動の役割をどうするか決めていません…BF全体のTODOリストの用事がたくさんあるからです。Kent、Maarten、Robが私を完全にサポートすれば、私はすべてのわずらわしいマネージメントの決定から逃れられて喜ぶでしょう。(笑)
プロジェクトメンバーになりたいと思った人は、単に管理者のだれかひとりにコンタクトをとればいいでしょう。

私たちはゴーストライブラリを独立したプロジェクトとして移転しようと考えています。このライブラリは他(Blender以外)のプロジェクトにとっても同様に価値があります。近い将来、それは多くの(サブ)プロジェクトに分離するためにも賢い選択となるかもしれません。'physics'(ODE)のような、もしくは'python'、'armatures'、'sequence-editor'、'sound'...etc.といった具合に。それらは完全なCVSツリーとともに、完全に別のプロジェクトとなるでしょう。サブプロジェクトはそれらが一度ちゃんと動くと確信されれば、bf-brenderツリーに変更部分が結合されるでしょう。

また、projects.blender.orgサイトにはいくつかの他のプロジェクトを見つけることができます。例えば、'classic'―現在休止中ですが―は原点に戻ることを楽しむためのプロジェクトです。
新しいプロジェクトの提案も歓迎します。完全に枝分かれした、blender以外のプロジェクトも同様に…ですが、3Dと、それとももしくはBlenderと関連していることは必要条件です。私は私自身、新しいプロジェクトを承認するでしょうし、もちろん管理者達とも相談するでしょう…。:)

projects.blender.org上の質問もしくはバグレポートは'Bforge'にて投稿することができます。

だいたいこんなところでしょうか。それではお楽しみください。そして華やかに新年をスタートしましょう!

-Ton-


投稿者 : yamyam 投稿日時: 2003年01月01日 (1174 ヒット)

And that was 2002!

Blender news 2002年12/31版(www.blender.org/bf/ のfoundation newsの購読者にも送ります)

Blenderユーザの皆さん、こんにちは。

月刊のはずのニュースレターも以前から3ヶ月ぐらいになりますが、私は単に世の中に役に立たないメールを送るのが嫌なだけです…。:)
過去数ヶ月に起こった出来事をいくつか。

- Blender ConferenceとOpen source開始は成功を収めました。画像、ムービー、そしてレポートをチェックしてみて下さい:http://www.blender.org/modules/bc2002/index.html

- 多くの活動が開発者メーリングリストとCVSにおいて行われました。が、野獣のBlenderを飼いならすのは難しいようです。これについてのいくつかのレポートが www.blender.org のトップで見られます。

- 旧blenderサイトが復活しました。総合的な製品情報が http://www.blender3d.org で見られます。さらに、旧blender.nlコミュニティサイトの大部分についても、一時的に復活しています: http://oldsite.blender3d.org 。懐かしいですね!

- 新しく書籍の刊行!The Blender GamekitがXmas前日に出版されました。http://www.blender3d.org/e-shop/product_info.php?products_id=74

- ドキュメンテーション委員会(DocBoard)が非常に活発になりました。彼らの目指すところは完全なBlenderマニュアルをオンライン、ダウンロード可能な形に、そしてフリーで(OpenContentとして)利用可能とすることです。旧NaNマニュアルとTutorial guideはDocBoardの手により同様に具体化されるでしょう。
http://download.blender.org/documentation/html/introduction_aboutmanual.html

そして現在進行形のニュース:私たちはsouceforgeスタイルのプロジェクト管理システムに迫ろうとしています。http://projects.blender.org をチェックしてみて下さい。これはそこにいる開発者たちの多くの手助けとなり、興味深い試みや実験、もしくは派生させたプロジェクトのためのスペースを同様に提供するでしょう。1月の1週目に、オンラインで機能が働く事を目標にしています。

私は過去数年間の皆さんのサポートに感謝したいと思っています。驚くべきBlenderソース開放キャンペーンは、2002年のハイライトであったことは明白でした。
多くの人々が新しいBlenderの開発のよりよい(早い)結果を期待していますが、私は多くのあなた方開発者たちがますますコードに精通し、そして今にも、私たちのプロジェクトサイトに役立つcommitをしようとしているであろうと仮定しています。そのメインターゲットは2003年です。その次には私は、私たちの背後の組織から受ける寄付金を小額にすることを目標とし、webと開発サポートについての管理の仕事をいくつか提供したいと思います。(訳注:すいません、あとで直すかも)
私たちはまた、サンディエゴのSiggraphにて存在を示し、そして10月には2度目のBlender Conferenceを開催したいと思います。

私は皆さんすべてが幸せになるのを願います。新年を創造と成功の年にしましょう!

- ton -


« 1 ... 168 169 170 (171)

クイックリンク

2013/11/15版
●Blender.org
BlenderFoundation
- Blenderのダウンロード
- オープンプロジェクト
- 公式ストア

●マニュアルなど
公式マニュアル(途中)
JBDP2.5 Wiki
CGRad Project
Project-6B(6B計画)

●チュートリアルなど
公式チュート等
その他チュートリンク集
公式動画チュートリアル
Blender Cookie
Blenderで3DCG制作日記
BlenderVideos.com
Blender 3D: Noob to Pro
blenderguru

●日本語コミュニティ
Blender@2ch
BLUG.JP(FBページ)
(BLender User Group of JAPAN)

-旧BLUG.JP
-blugjpまとめ
ぶれんだちゃん*(ツイッター)

●実写合成(日本語)
CGCompo

●合成エフェクト(日本語)
tomo@web

●Cycles
Blender Cycles memo

●Freestyle(日本語)
公式マニュアル
使用例
スザンぬクラブ

●ニュース(英文)
BlenderNation

●Blenderコミュニティ
blenderartists.org
- フォーラム
- 記事検索
- New feature tests
- Model Repository

●Blender Q&A
- Blender Stack Exchange

●テストビルド
Graphicall.org(非公式)
Buildbot(自動生成)

●開発関連
開発情報
開発ドキュメント
公式開発ブログ
Blender開発者サイト
- バグトラッカー
- 旧バグトラッカー(閲覧用)
- パッチトラッカー
- 旧パッチトラッカー(閲覧用)
SVNコミットログ

●GameBlender
公式マニュアル
専用API
バグトラッカーなど
旧バグトラッカー(閲覧用)
Bullet 物理演算ライブラリ

●外部レンダラ
YafRay
LuxRender 私家版資料
Mitsuba

●アドオン
公式スクリプトカタログ
BlenderArtists::python & plugins

●アドオン開発
最新 PythonAPI
Python Japan User's Group

●モデル&マテリアル
Blender Model Repository
Kator Legaz 3D Model
Blend Swap
blender-materials.org

●日本語化・翻訳サイト
Blender日本語化関連(blugjpまとめ)
日本語化の設定(2.4xのみ)

●2.4x用スクリプトとAPI
公式(日本語:下側参照)
L-System(2.5以降は同梱)
Python API リファレンス(2.4x用)

2.4x以前ではPythonフルセットが別途必要になることがあります。
旧Pythonバージョン

●2.4x用プラグイン(Python以外)
Blender Plugin Repository

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失